FTA(読み)えふてぃーえー

日本大百科全書(ニッポニカ)「FTA」の解説

FTA
えふてぃーえー

Free Trade Agreementの略称。二国間など複数の国や地域の間で、貿易・投資の自由化や人的交流の拡大など経済関係の緊密化・円滑化を目的に結ぶ自由貿易協定。鉱工業品や農畜産物の関税撤廃・引下げ、サービス貿易の障壁解消を中心とし、高度人材や看護師などの人材移動、投資ルール、知的財産保護、競争政策、環境保護、テロ防止など幅広い項目を盛り込んだ包括的条約である。アメリカ、カナダ、メキシコが1992年に結んだ北米自由貿易協定(NAFTA(ナフタ))や1993年に発足したEU(ヨーロッパ連合)が有名で、TPP(環太平洋経済連携協定、Trans-Pacific Partnership)もFTAの一つである。ウルグアイ・ラウンドやドーハ・ラウンドのように、世界貿易機関(WTO)が進める100か国を超える通商交渉の合意に膨大な時間がかかるため、二国間や特定地域内だけでFTAを結ぶ流れが世界的に加速している。最近はTPP、日EU経済連携協定、日米貿易協定のような経済大国を含む複数国が広域でつくるメガFTA締結の動きが続いている。

 日本は2002年(平成14)に初めてシンガポールとFTAを締結し、2019年(令和1)12月時点で、21か国・地域(アメリカ、EU、インド、インドネシア、オーストラリア、カナダ、カンボジア、シンガポール、スイス、タイ、チリ、ニュージーランド、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、ペルー、マレーシア、ミャンマー、メキシコ、モンゴル、ラオス)と18のFTA(TPPやASEAN(アセアン)とのFTAを含む)を発効済みである。このなかにはシンガポールのように、日本との二国間FTAに加え、日ASEAN間FTA、TPPと三つのFTAを結んでいる国もある。こうした複数FTAを結んだ場合、いちばん低い関税などもっとも有利な貿易協定が適用される。日本はRCEP(アールセップ)(東アジア地域包括的経済連携、Regional Comprehensive Economic Partnership)、トルコ、コロンビア、カナダ、韓国、日中韓、湾岸協力会議(GCC。アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、オマーン、カタール、サウジアラビアの6か国)との間でもFTA締結に向けた協議や検討に入っている(中断中のものも含む)。WTOの多国間協定を重視した日本は当初FTA締結で出遅れたものの、最近はTPPなどのメガFTAを締結し、貿易全体に占めるFTA相手国との貿易比率は2019年3月時点で51.6%と、アメリカ(44%)、EU(36%)、中国(38%)など主要国と遜色(そんしょく)ない水準まで上昇した。

 なお、同様な経済用語にEPA(経済連携協定、Economic Partnership Agreement)があるが、EPAは日本政府(外務省)がつくったことばで、FTAと同じ概念である。

[矢野 武 2020年5月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「FTA」の解説

エフ‐ティー‐エー【FTA】[fluorescent treponemal antibody]

fluorescent treponemal antibody》⇒蛍光抗体法

エフ‐ティー‐エー【FTA】[free trade agreement]

free trade agreement》⇒自由貿易協定

エフ‐ティー‐エー【FTA】[fault tree analysis]

fault tree analysis》⇒故障の木解析

エフ‐ティー‐エー【FTA】[free trade area]

free trade area》⇒自由貿易地域1

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「FTA」の解説

FTA【エフティーエー】

自由貿易協定Free Trade Agreementの略称。物とサービスの貿易の自由化を進め,関税などさまざまな障壁をなくして,市場を統合し,経済成長を高めることをめざす。日本は関税撤廃のほか,投資ルール,人の移動などの国内規制も交渉範囲に入れて,経済連携協定(EPA:Economic Partnership Agreement)も進めている。世界各地域では,ヨーロッパ連合EU),北米自由貿易協定(NAFTA),南米南部共同市場メルコスール)をはじめ,2国間のものも含め,200以上に及ぶFTAが成立している。世界貿易機関(WTO)の場での交渉は各国間の意見の対立のため遅れがちになり,2国間のFTA交渉が優先されている。2008年のアメリカ金融危機に端を発した世界同時不況による世界経済成長の失速のなかでブロック化と保護政策の進行が懸念され,FTAの今後の展開はさらに予断を許さない状況となっている。日本は従来,FTAによる経済のブロック化に反対してきたが,2002年シンガポールとのFTA締結以後,経済活性化のためにFTAを重視するようになり,メキシコ(2004年),マレーシア(2005年),フィリピン(2006年),チリ(2007年),東南アジア諸国連合(ASEAN,2007年基本合意,2008年より順次発効)などと基本合意に達した。2011年韓国がアメリカとFTAを締結したことによって,この動きは加速され,日・中・韓三国のFTA実現に向けて交渉を本格化させる機運が出てきた。2012年11月ASEAN関連首脳会議の機会に,日中韓経済貿易大臣会合が開催され日中韓FTA交渉開始が宣言された。また,日本は2012年4月,ASEANが提唱する〈東アジア包括的経済提携協定〉(RCEP)への参加交渉を年内に開始すると表明,同じく11月のASEAN関連首脳会議の機会にRCEP交渉立ち上げ式が行われた。日本・中国・韓国のFTA交渉は2013年3月から具体的に始まったが,各品目の関税率を決める関税交渉の進め方が決まらず議論に入っていない。
→関連項目アイスランド経済連携協定シンガポール(国)TPPフィリピンマレーシアメキシコ(国)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「FTA」の解説

FTA

自由貿易協定。2国間または地域間(多国間)で交わした協定により、関税や非関税障壁を相互に撤廃し、自由貿易を行うための取り決め。現在ではモノだけでなく、サービスや投資なども対象とした広範囲な分野での取引の自由化が含まれる場合もある。知的財産や投資、労働力の受け入れなどまでを対象分野に含んだものをEPA(経済連携協定)と呼ぶが、FTAとの厳密な区別化は難しい。日本はシンガポール、メキシコ、フィリピン、タイなどと2国間の協定を結んでいる。主な地域間FTAに、EU(欧州連合)、NAFTA(北米自由貿易協定)、メルコスール(南米南部共同市場)などがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内のFTAの言及

【安全性】より

…信頼性解析ですでにFMEAが実施されていれば,安全性の見地から致命度の再評価を行い,安全性上必要な解析を追加した場合は〈故障ハザード解析〉といわれる。
[故障の木解析――フォールトツリーアナリシスfault tree analysis(略称FTA)]
 FTAは,その発生が好ましくない事象(出力)を頂点に取り上げ,木の枝のようにしだいに源泉の方に図式に展開して,その発生源(入力)およびその発生経路を解析する方法で,すべての入力の発生確率が定量的に推定できる事象(基本事象という)まで分解できると定量的に出力を推定することができる。
[事象の木解析――イベントツリーアナリシスevent tree analysis(略称ETA)]
 ETAは,FTAとは逆に構成要素に故障(入力)が発生したとして,時間の経過をたどり,どんな事象(出力)に発展するかを解析する図式解法で,各事象の発生確率が推定できると定量的な解析もできる。…

※「FTA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android