コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

K中間子 ケーちゅうかんしK-meson

翻訳|K-meson

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

K中間子
ケーちゅうかんし
K-meson

ケーオンともいう。中間子の1種でスピン0のボソン。 1947年 G.D.ロチェスターと C.C.バチェラーにより宇宙線の霧箱写真のなかでV形飛跡として発見された。電荷が正である K+ ,負の K- ,および2つの中性粒子 K0 があるが,アイソスピンは1/2で,粒子は K+ ,K0 ,反粒子は K- である。 K+ と K- の質量は 494MeVで寿命は 1.237×10-8 秒。 K0 の質量は約 498MeVで短寿命 0.89×10-10 秒,長寿命 5.18×10-8 秒の重ね合せとなっている。 K+ ,K- ,K0 のクォーク構造をもつ。π中間子と核子との衝突によってK中間子がつくられるとき,必ずΛ粒子,Σ粒子または Ξ 粒子と対になって生成されることからストレンジネスと呼ばれる量子数が発見された。K中間子の粒子ではストレンジネスが+1,反粒子ではストレンジネスが-1である。K中間子は非常に多種類の様式で崩壊し,その研究から 57年李政道楊振寧はパリティ非保存を発見し,また 64年に CP不変性の破れが実証された。前者は自然界に左右非対称性が存在する証拠であり,後者は物質世界と反物質世界とを絶対的に区別する実験手段を与えてくれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ケー‐ちゅうかんし【K中間子】

核力を仲介する素粒子中間子の一。1947年に宇宙線から発見。電荷は正・負・中性の3種あり、スピンは零。崩壊してμ粒子ニュートリノ、またはπ中間子になる。1964年、中性のK中間子の崩壊においてCP対称性の破れが観測され、1980年に同業績により米国のクローニンフィッチノーベル物理学賞を受賞。ケーオン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

K中間子【ケーちゅうかんし】

ケーオン,K粒子とも。質量が電子の約970倍の重い中間子。電荷が正のものと負のもの(前者の反粒子),および中性のものとその反粒子,の合計4種がある。スピンは0。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のK中間子の言及

【素粒子】より

…古代ギリシアのレウキッポスやデモクリトスは,物質を細かく分割していったら最後にはどうなるであろうかという問題を思索し,ついにはこれ以上分割できない最小の単位が存在するという結論に達した。このような最小の単位は〈分割できないもの〉という意味でアトムと呼ばれた。19世紀になって,イギリスの化学者J.ドルトンは,このような物質の最小の単位の存在を科学的に証明し,これに古代ギリシアの〈アトム〉という名を与えた。…

※「K中間子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

K中間子の関連キーワードクローニン(James Watson Cronin)フィッチ(Val Logsdon Fitch)セシル・フランク パウエルストレンジクォークミューニュートリノストレンジクオークチャームクォーク小林‐益川モデル小林・益川理論荷電K中間子コスモトロンファイ中間子K*中間子ハイペロンCP対称性ハイパー核ゲル=マン二次宇宙線JPARCラムダ粒子

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android