コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MRSA感染症 エムアールエスエーかんせんしょう

百科事典マイペディアの解説

MRSA感染症【エムアールエスエーかんせんしょう】

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA,マーサとも)による感染症。MRSAはふつうの黄色ブドウ球菌と同様,病原性の低い常在菌で,健康な人ではほとんど発症しないが,未熟児,高齢者,入院患者など抵抗力の衰えた人に発病しやすい。
→関連項目感染症予防法抗菌グッズバンコマイシンブドウ(葡萄)球菌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

MRSA感染症
えむあーるえすえーかんせんしょう

抗生物質が効かないMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)による感染症。感染症予防・医療法(感染症法)で5類感染症に指定されている。日本では1980年代後半からその院内感染が深刻な問題になっている。この菌はメチシリンをはじめ、ほとんどの抗生物質に抵抗力をもつ。抗生物質を乱用していると普通のMSSA(メチシリン感受性黄色ブドウ球菌)が死に、この菌だけが残りやすい。黄色ブドウ球菌はもともとは傷の化膿(かのう)菌で、皮膚や鼻、のどなどにおり、MRSAをもっていたとしても健康人にはほとんど影響はない。しかし、MRSAが患者同士や、手術現場や医師、看護師などを通じて抵抗力のない老人や幼児、重症者や手術直後の患者などに感染し体内で繁殖すると、腸炎や肺炎、敗血症などを起こし、ときには死につながる。抗生物質の乱用をやめ、病室を十分に消毒し、医師、看護師が手洗いを励行すれば、院内感染を抑えることができる。[田辺 功]
『横田健編『MRSA感染症』(1994・新興医学出版社) ▽小林寛伊編『MRSA――病院感染を克服するために』(1996・真興交易医書出版部) ▽島田馨・村尾裕史著『MRSA感染症と薬物治療のコツ』追補改訂版(2001・ミクス)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

MRSA感染症の関連キーワードMRSA(多剤耐性黄色ブドウ球菌)肺炎バンコマイシン耐性腸球菌感染症予防医療法多剤耐性菌VRE

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

MRSA感染症の関連情報