p-n接合(読み)ピーエヌせつごう(英語表記)p-n junction

翻訳|p-n junction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

p-n接合
ピーエヌせつごう
p-n junction

半導体中でp型とn型の領域が接している部分。その境界面では,それぞれの主たる電荷キャリアである正孔と電子の拡散が起り,互いに中和して電気的空乏層ができる。空乏層に存在する不純物の電荷のために接合部に電位差が生じ,これが電流の通過に対して障壁として作用する。正電圧をp型に加えると障壁の高さが低くなって電流が流れ,逆に負電圧を加えると高くなって電流は流れにくくなり整流性を示す。p-n接合はダイオードをはじめトランジスタなど多くの半導体素子に利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android