コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《出雲国風土記》 いずものくにのふどき

世界大百科事典内の《出雲国風土記》の言及

【国引き神話】より

…《出雲国風土記》(《風土記》)に見える〈意宇(おう)〉という地名の起源伝説。巨人の神が他の国土を引き寄せて国作りしたとの内容からこの名がある。…

【風土記】より

…貞観(859‐877)ころ成立の《令集解》仮寧(けによう)令には,風土と郷土を同一視した例も見えている。だが風土記とよばれるものには和銅度のもののほかに,20年後の733年(天平5)に成った《出雲国(いずものくに)風土記》もあるが,これは節度使が編修主体となったもので,軍事的要素が加味されて実用性の強い地誌としてあらわれている。〈和銅風土記〉とはやや異質のものだが,この期のもの(豊後(ぶんご)・肥前(ひぜん)の風土記など)を含めて〈古風土記〉とよんでいる。…

※「《出雲国風土記》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《出雲国風土記》の関連キーワード島根県松江市鹿島町佐陀宮内もそろもそろに八束水臣津野命玉造[温泉]海潮[温泉]加藤 義成国引き神話社部訓麻呂八雲[村]出雲系神話大社[町]古風土記出雲平野島根半島玉造温泉奇稲田姫松江平野出雲太田鬼の舌震神西湖

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

《出雲国風土記》の関連情報