コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『荘子』 ソウジ

とっさの日本語便利帳の解説

『荘子』

戦国時代の宋国の蒙(もう)の人、荘子(名は周。生没年不詳)の著。荘子は漆園の役人になった程度で、楚王からの誘いも断って貧窮のうちに暮らしたが、内面は豊饒多彩であった。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

『荘子』の関連キーワード雨に沐い風に櫛る命長ければ恥多し命長ければ辱多し火を以て火を救う風を吸い露を飲む蝸牛角上の争い至れり尽くせり聖人に夢なし謦咳に接する白駒隙を過ぐ労して功無し佐倉義民伝河漢の言南華真人屠竜の技南華真経せいらく莫逆の友頷下の珠戦国時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『荘子』の関連情報