コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『論語』 ロンゴ

とっさの日本語便利帳の解説

『論語』

孔子(名は丘。前五五一~四七九)の七〇年余にわたる生涯での政治的、社会的あるいは内省的発語を、のちに弟子たちが主に師との対話の形で記録したもの。現行のもの(二〇篇)は後漢時代に定着、人生の知恵の書として長く広く読まれてきた。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

『論語』の関連キーワード志学/而立/不惑/知命/耳順/従心役者論語(やくしゃろんご)徳をもって怨みに報いる一簞の食一瓢の飲一言以て之を蔽う死して後已む七経孟子考文君命を辱めず天命を知る溝瀆に縊る両端を叩く怒りを遷す役者論語嶋田忠臣歯を没す危な危な河間献王論語集解斗筲の人武内義雄

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『論語』の関連情報