コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四書 ししょSi-shu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四書
ししょ
Si-shu

『大学』『論語』『孟子』『中庸』の4種類の書物をいう。中国の儒学者程子が儒教の基本経典として重んじた『論語』『孟子』に,朱子が『礼記』のなかから『大学』『中庸』の2篇を選び加え,儒学枢要の書とした。その選定の背景には,古代の聖人の道を学ぼうという道学および道統論の完成を目指したことがあるほかに,当時すでに形骸化していた五経の学問に代る基本的文献が要求されていたことがあるとされる。以後,学問の重点は四書に移っていった。なお『四書集注』は,朱子が宋代の注を集大成したもので,日本でも朱子学江戸時代以降盛んになり,それを学ぶうえでの必読書とされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

とっさの日本語便利帳の解説

四書

→「いつか必ず役に立つ!編 これだけは押さえておきたい!中国古典」の「四書五経

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ししょ【四書 Sì shū】

中国の《論語》《孟子》《大学》《中庸》の総称。〈学庸論孟〉ともいい,儒教思想の真髄を得たものとして宋の朱子学以来尊重されてきた。《大学》《中庸》はもと《礼記(らいき)》中の2編であったが特に重視されるようになり,朱熹に至って論孟に合わせて《四書章句集注》が作られた。孔子と孟子の言葉の間に曾子の言葉《大学》と子思の言葉《中庸》をはさんで,聖人の教えの伝統(道統)を明らかにしようというのが,朱熹の意図であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ししょ【四書】

儒教の根本経典とされる「大学」「中庸」「論語」「孟子」の総称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四書
ししょ

『大学』『論語』『孟子(もうし)』『中庸(ちゅうよう)』の儒教の四経典。朱子(朱熹(しゅき))は『礼記(らいき)』の大学篇(へん)、中庸篇を取り出して『大学章句』『中庸章句』を書き、『論語集註(しっちゅう)』『孟子集註』を書いて教説の中核に据えた。そして自らの注釈に従って「初学の徳に入るの門」の『大学』に始まり、『論語』『孟子』と進み、孔子(孔丘)以来の心法を記載する『中庸』に至り、そののちに六経(五経)を学べと指示した。この学習順序は書籍の難易という点からいわれており、五経を軽視するものではないが、旧来の五経中心の学問にかわって朱子学では四書中心へと経書の比重が移動することになった。朱子学の普及に伴い、元(げん)代中期には官吏資格試験(科挙(かきょ))では四書と、五経のうちの一書について朱子学的解釈を主とする出題が課され、明清(みんしん)代ではもっぱら朱子学的解釈によると規定された。明代には宋元(そうげん)の朱子学的四書説を集成した『四書大全』が編纂(へんさん)頒布され、科挙の解答基準として国定教科書的な権威を保つようになった。元明代の思想学説は四書に基づくことが多く、明代の独創的思想家王陽明(ようめい)(守仁(しゅじん))の学説も四書の新解釈から得られている。明代中期以降には陽明学や仏教思想を導入した四書の新解釈が現れ、章句・集註や大全の権威は低下し、科挙の答案はこれによらないこともあった。清代にはふたたび五経を重んずる学風が現れ、四書の地位は低下したが、科挙ではやはり四書章句・集註が重視された。わが国では江戸時代に朱子学的注釈から明代の注釈に至るまでよく読まれ、和刻本も多量に出版されている。[佐野公治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

四書の関連情報