あっ

精選版 日本国語大辞典「あっ」の解説

あっ

〘感動〙
① 驚いた時に発することば。
※太平記(14C後)二「本間三郎が一の太刀に胸を通されてあっと云(いふ)声に」
② 人にえる時に発することば。
※寛永版曾我物語(南北朝頃)一「親の申す事なれば力及ばで、『あっ』と答へて座敷を立ち」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「あっ」の解説

あっ

[感]
驚いたり感動したりしたときなどに思わず発する語。「あっ、忘れた」「あっ、雪だ」
承諾したことを示す応答の語。はい。
「少し存ずるむねあれば、急に―とも申されず」〈浄・国性爺
[類語]ぎっくりどきんどきどきどきっとはらはらはっとぎょっとぎくりとびくっとどきりとびくりわなわながたがたがくがくぶるぶるひくひくびくびくぴくぴくぴくりひやり総毛立つ背筋が寒くなるぞっとする肌に粟を生じる身の毛がよだつ鳥肌が立つひやっと冷や汗冷汗三斗寒心慄然

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android