コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひやり ヒヤリ

デジタル大辞泉の解説

ひやり

[副]
急に冷たさを感じるさま。「風がひやりと頰に触れた」
突然の出来事に驚きや恐怖を感じるさま。「ぶつかるかと一瞬ひやりとした」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひやり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
急に冷たさを感じるさま。 「 -と感ずる外気」
一瞬、恐怖・危険などを感じて緊張するさま。 「つり橋がゆれて-とした」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ひやりの関連キーワードインシデントレポート流石・有繋・有繫・遉ヒヤリ・ハットチャッキラコインシデントゆくりなしジャッグル加須(市)肝を冷やす御覧ぜらる加須[市]臥し起き音に立つ好い気前涼しき方立ち離る冷っこいひやっと惜しみ手心付く

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひやりの関連情報