コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はらはら ハラハラ

デジタル大辞泉の解説

はら‐はら

[副](スル)
小さいものや軽いものが、静かに続けて落ちかかるさま。「涙をはらはら(と)落とす」「花びらがはらはら(と)散る」
髪が垂れかかるさま。「後れ毛がはらはらと肩にかかる」
成り行きを危ぶんで気をもむさま。「わが子の初舞台をはらはらしながら見守る」
多くのものがいっせいに動くさま。
「河に―とうち入りて渡りけるに」〈今昔・三一・一一〉
物が触れ合ってたてる音を表す語。
「衣(きぬ)の音なひ―として」〈・帚木〉
物がはじけて発する音を表す語。
「焚(た)かるる豆がらの―と鳴る音は」〈徒然・六九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はらはら

( 副 ) スル
(「と」を伴っても用いる)
ことの成り行きを心配して気をもむさま。 「 -しながらサーカスを見る」
木の葉・花びら・雨・涙のような軽いものが、少しずつ続いて静かに落ちるさま。 「 -と花が散る」 「涙が-(と)落ちる」
髪の毛が乱れ落ちかかるさま。 「後れ毛が-と乱れかかる」
人などがいっせいに動くさま。 「さあお帰りだ、と云ふとともに、-座敷を出た/婦系図 鏡花
物のふれあう音を表す語。はたはた。 「衣の音なひ-として/源氏 帚木
物の焼けてはぜる音を表す語。ぱちぱち。 「たかるる豆がらの-となる音/徒然 96
物がくだけるさまや、その音を表す語。 「八つの胡桃くるみ一度に-と砕けにけり/今昔 23

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

はらはらの関連キーワード豊竹 呂太夫(初代)豊竹呂太夫(初代)クリフハンガー手に汗を握る危なっかしい男はつらいよあれよあれよ冷や汗をかくサスペンススリリング気しんどはらめく手を握る黒川明子あぶあぶきやきやはだれ雪零れ懸るおとない汗をかく

はらはらの関連情報