寒心(読み)カンシン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「かんじん」とも) 恐ろしさにぞっとすること。心が恐れおののくこと。きもをひやすこと。
※三教指帰(797頃)上「無相愁問慰之情、則傍観、有識、寒心入地」
※霊異記(810‐824)上「恐(おそる)らくは寒心するところ、患を手を傷(そこな)ふに貽(いた)さむ」 〔春秋左伝‐哀公一五年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android