コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どきん ドキン

デジタル大辞泉の解説

どきん

[副]不意の出来事に驚き恐れて、激しく動悸(どうき)をうつさま。どきり。「突然の人影にどきんとした」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どきん

( 副 )
(多く「と」を伴って)驚き・恐れ・喜びなどのために、急に動悸が激しくなるさま。どきり。 「一瞬-とした」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

どきんの関連キーワード佐渡金山遺跡鶴子銀山跡国学院大学北里柴三郎吉田半十郎相川鉱山黄檗山どきり人影一瞬親兵動悸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どきんの関連情報