コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お俊・伝兵衛 おしゅん・でんべえ

百科事典マイペディアの解説

お俊・伝兵衛【おしゅん・でんべえ】

浄瑠璃,歌舞伎の題材の一つ。京都で起こった心中事件を脚色したもので,有名なのは1782年初演の《近頃河原の達引(ちかごろかわらのたてひき)》。なお,1785年に歌舞伎劇化。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お俊・伝兵衛 おしゅん・でんべえ

浄瑠璃(じょうるり)の登場人物
井筒屋伝兵衛は祇園(ぎおん)の遊女お俊にほれて,横恋慕する横淵官左衛門を殺す。ふたり聖護院(しょうごいん)の森で心中直前にお俊の兄と母親にたすけられにげのびる。元禄(げんろく)(1688-1704)のころ京都でおきた心中事件を素材とし「近頃河原達引(ちかごろかわらのたてひき)」の外題で脚色された。「身替りお俊」などとして歌舞伎にもなった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone