お夏・清十郎(読み)おなつ・せいじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「お夏・清十郎」の解説

お夏・清十郎 おなつ・せいじゅうろう

浄瑠璃(じょうるり),歌舞伎などの登場人物。
播磨(はりま)(兵庫県)姫路の但馬屋のひとり娘お夏は,手代の清十郎と密通。大坂に駆け落ち寸前に捕らえられ,清十郎は処刑される。寛文2年(1662)の実話とされ,井原西鶴が「好色五人女」でとりあげた。明治にはいり坪内逍遥の「お夏狂乱」,真山青果の「お夏清十郎」の題材にもなる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android