ぎゅう(読み)ギュウ

デジタル大辞泉の解説

ぎゅう

[副]
力を込めて締めつけたり、押しつけたり、ねじったりするさま。「ぎゅうと握る」
きつく責めたてるさま。また、責められて音(ね)をあげるさま。「ぎゅうという目にあわせる」「ぎゅうと言わせる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎゅう

( 副 )
(多く「と」を伴って)物を強く押しつけたり、しめつけたりするさま。また、ひどく苦しめるさま。 「押さえつけて-といわせる」 → ぎゅっと

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎゅう ギフ【妓夫・牛夫・牛ギウ

〘名〙
夜鷹(よたか)などの私娼につき従い、客引きや女の護衛などをする男。
※浮世草子・好色一代女(1686)六「君が寝巻の一ふしうたふて見しに、声おかしげなれば(ギフ)に付声(つけごゑ)させ」
※ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉「妓夫が夜鷹を大勢連れて来てゐて」
② 客引きをする遊女屋の若い衆。
※咄本・鹿の巻筆(1686)三「上郎ありて、ぎうをよびて申されけるは」

ぎゅう

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 強く押しつけられたりして、苦しみのあまり思わず出す声などを表わし、転じて、ひどい苦しみ、絶望のさまなどを表わす語。
※半七捕物帳(1925)〈岡本綺堂〉三河万歳「ぎうといふ目に逢はして遣らにゃあならねえ」
② 力をいれて、ひといきに動作するさまを表わす語。強く。ぐっ。ぎゅっ。
塩原多助一代記(1885)〈三遊亭円朝〉一一「力に任せてギューと無闇に刮(こじ)りましたから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぎゅうの関連情報