ぐんと

精選版 日本国語大辞典「ぐんと」の解説

ぐん‐と

① 力を入れて物事を行なうさまを表わす語。ひといきに。ぐいと。ぐっと
② 今までの状態と大きくへだたりのあるさま、また、急に程度のかわるさまを表わす語。きわだって。一段と。ずっと。
※若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉上「時間いっぱいでみんな疲れたらう。…でも何時もよりかグンといい授業が出来たやうに思ふけど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ぐんと」の解説

ぐん‐と

[副]
思いきって力を入れるさま。ぐっと。ぐいと。「両手ぐんと押す」
他のものや今までの状態と大きく変わるさま。際立って。いちだんと。「スピードぐんと上げる」「品質ぐんと落ちる」
[類語]ずっとさらますますもっと一層はるかに段違いに余程よほど大分だいぶ・だいぶんうんとぐっといよいよよりも少しまだもう少しなおなおさら一段と弥が上にもうあと余計然も今一つもう一ついまいち今少しもそっとましていわんや数段層一層しのぐひとしおうたた尚尚なおなおなお以て更なるひときわいや増すなお且つかてて加えてそれどころそればかりかしかのみならずのみならず加うるにおまけにまた且つまた且つこの上その上しかもさてはさなきだに

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android