コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さ迷う/彷徨う サマヨウ

デジタル大辞泉の解説

さ‐まよ・う〔‐まよふ〕【さ迷う/彷徨う】

[動ワ五(ハ四)]
あてもなく歩きまわる。また、迷って歩きまわる。「盛り場を―・う」「奥深い山中を―・う」
1か所にとどまらず、あちこち動く。「生死の境を―・う」「雲が空を―・う」
心が安定しないでいる。判断に迷う。
「色めかしう―・ふ心さへ添ひて」〈真木柱
[補説]「」は接頭語というが、方向を表す「さま」に、「いさよう」「ただよう」などの「よう」のついたものとも。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

さ迷う/彷徨うの関連キーワードハロウィーン梶原 一騎盛り場生死翠嵐

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android