さ迷う(読み)サマヨウ

デジタル大辞泉「さ迷う」の解説

さ‐まよ・う〔‐まよふ〕【さ迷う/彷徨う】

[動ワ五(ハ四)]
あてもなく歩きまわる。また、迷って歩きまわる。「盛り場を―・う」「奥深い山中を―・う」
1か所にとどまらず、あちこち動く。「生死を―・う」「雲が空を―・う」
心が安定しないでいる。判断に迷う。
「色めかしう―・ふ心へ添ひて」〈・真木柱〉
[補説]「さ」は接頭語というが、方向を表す「さま」に、「いさよう」「ただよう」などの「よう」のついたものとも。
[類語]さすらううろつく出歩くほっつくぶらつく徘徊彷徨ほっつき歩くほっつき回る低回流浪放浪漂泊流離漂流浮浪右往左往

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android