コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流離う サスラウ

デジタル大辞泉の解説

さすら・う〔さすらふ〕【流離う】

[動ワ五(ハ四)]どこというあてもなく、また、定まった目的もなく歩きまわる。漂泊する。流浪(るろう)する。「雪の広野を―・う」
[動ハ下二]に同じ。
「我身かくてはかなき世を別れなば、いかなるさまに―・へ給はむ」〈・須磨〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さすらう【流離う】

( 動五[四] )
目的地を定めず、あてもなく歩きまわる。流浪るろうする。さそらう。 「母を捜して-・う」 「草原を-・う遊牧民」
( 動下二 )
に同じ。 「さてとかう女-・へて/大和 148

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

流離うの関連キーワード広野大和

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

流離うの関連情報