だから

精選版 日本国語大辞典「だから」の解説

だ‐から

〘接続〙 (助動詞「だ」に助詞「から」の付いたものが自立語化したもの) 先行事柄の当然の結果として、後続の事柄が起こることを示す。理由を示す。であるからそれだから。だからして
※滑稽本・七偏人(1857‐63)五「洗湯(おぶう)へはいって帰て来ると、忽地腹はへっこり。然(ダ)から先熱盛にして十三盃と遣らかしたが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「だから」の解説

だ‐から[接]

[接]《断定の助動詞「だ」+接続助詞「から」から》前に述べた事柄を受けて、それを理由として順当に起こる内容を導く語。そうであるから。それゆえ。「親切な人だ。だからみんなに好かれる」
[類語]ひいてそれからそしてそうして次いでして次についてはひいてはそれ故従ってよって故にすなわちですからその上それにてて加えてあまつさえ更にかつまたなおかつおまけに加うるにのみならずしかのみならずそればかりかこの上それどころか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android