故に(読み)ゆえに

精選版 日本国語大辞典「故に」の解説

ゆえ‐に ゆゑ‥【故に】

〘接続〙 (名詞「ゆえ()」に助詞「に」の付いてできたもの) 先行事柄を理由として、後続の事柄が起こることを示す。だから。そのために。したがって。
※法華義疏長保四年点(1002)二「の事同じなりといふことを明す。者(ユヘニ)、同じく一極の道に体(かな)へり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「故に」の解説

ゆえ‐に〔ゆゑ‐〕【故に】

[接]前に述べた事を理由として、あとに結果が導かれることを表す。数学の証明問題などでは「∴」の記号が用いられる。よって。したがって。「貴君功績は大きい。故にこれを賞する」
[類語]ひいてそれからそしてそうして次いでして次についてはひいてはそれ故だから従ってよってすなわちですからその上それにてて加えてあまつさえ更にかつまたなおかつおまけに加うるにのみならずしかのみならずそればかりかこの上それどころか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android