それに

精選版 日本国語大辞典「それに」の解説

それ‐に

[1] 〘接続〙
① 前の事柄に対し、後の事柄が対・対立の関係にあることを示す。それなのに。ところが。
(10C終)一〇八「頭(とう)つき給はぬかぎりは、殿上台盤には人もつかず。それに、豆一盛り、やをらとりて、小障子のうしろにて食ひければ」
② 前の事柄の当然の結果として、後の事柄が起こることを示す。それにより。だから。その結果。
源氏(1001‐14頃)早蕨「などかかるさまにもなし奉らざりけむ。それにぶるやうもやあらまし」
③ 前の事柄に、後の事柄が添加されることを示す。その上。それに加えて。
※観智院本三宝絵(984)中「堂塔をこぼち仏経をやきつくしつ。それにやけのこれる仏経をば難波のほり江にすていれつ」
④ 後の事柄が前の事柄に関係のある時や物事であることを示す。その時に。その中で。それは。
今昔(1120頃か)二八「衣曝(きさらぎ)の始午(はつむま)の日は、〈略〉上中下の人稲荷詣とて参り集日也。其れに、例よりは人多く詣ける年有けり」
[2] 〘代名〙 =それ(其)(一)④
※中華若木詩抄(1520頃)中「これより罷り帰るそ。それにもやかて、御帰りあれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「それに」の解説

それ‐に[接]

[接]
そのうえ。それに加えて。「晴れたし、それに風もない」
そうであるのに。それなのに。
「殿上の台盤には人もつかず。―、豆一盛りやをらとりて」〈・一〇八〉
それにより。その結果。
右大臣みぎのおとどにまかせ申すとだに言ひやり給はざりければ、―こそ菅原の大臣御心のままにまつりごち給ひけれ」〈大鏡・時平〉
[類語]さてはその上且つしかもてて加えてかつまたなおかつおまけに加うるにのみならずしかのみならずそればかりか同時に更にあまつさえこの上またそれどころかひいてそれからそしてそうして次いでして次についてはひいてはそれ故だから従ってよって故にすなわちですから

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android