ですから

精選版 日本国語大辞典「ですから」の解説

です‐から

〘接続〙 (助動詞「です」に助詞「から」が付いて自立語化したもの) 会話文に用いられ、先行の事柄を受け、その当然の結果として後続の事柄が起こることを示す。順態の確定条件。「だから」の丁寧ないい方。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉八「虫は昼鳴かんものでもないが、昼は〈略〉外の刺戟に障(ささ)へられて、吾人に気がつかん道理であります。デスから夢といふ者は、兎に角曾て思って居った事を見るもんで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ですから」の解説

です‐から[接]

[接]《断定の助動詞「です」+接続助詞「から」から》「だから」を丁寧にいう語。「9時に出社いたします。ですから9時以降なら何時でも結構です」
[類語]ひいてそれからそしてそうして次いでして次についてはひいてはそれ故だから従ってよって故にすなわちその上それにてて加えてあまつさえ更にかつまたなおかつおまけに加うるにのみならずしかのみならずそればかりかこの上それどころか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android