コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剰え アマツサエ

2件 の用語解説(剰えの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あまつ‐さえ〔‐さへ〕【剰え】

[副]《「あまっさへ」の「っ」を、促音でなく読んでできた語》別の物事や状況が、さらに加わるさま。多く、悪い事柄が重なるときに用いる。そのうえ。おまけに。「吹雪は止まず、剰え日も暮れてしまった」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あまつさえ【剰え】

( 副 )
〔「あまりさへ」の転。近世以前は「あまっさへ」。「あまさへ」とも表記した〕
好ましくない状態が重なるさま。そればかりか。そのうえに。おまけに。 「折りからの大雪、-車の故障」 「お国と姦通し、-…中川で殿様を殺さうといふ/怪談牡丹灯籠 円朝
事もあろうに。あろうことか。 「南都の大衆同心して、-御むかへにまゐる条、これもつて朝敵なり/平家 5

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone