コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちゃんぽん チャンポン

7件 の用語解説(ちゃんぽんの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゃん‐ぽん

[名・形動]《「攙和」の中国音からか》
2種類以上のものをまぜこぜにすること。また、そのさま。「日本酒とウイスキーをちゃんぽんに飲む」「話がちゃんぽんになる」
肉・野菜などをいため、小麦粉に唐灰汁(とうあく)を加えて作った中華風の麺と一緒にスープで煮た長崎の名物料理。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ちゃんぽん

長崎の名物料理。中華そば風の製法で,うどんのように太めに作った麺(めん)でつくる。中華風スープの中にゆでた麺を入れ,ラードでいためた豚肉,かまぼこもやしなどの具を上にのせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ちゃんぽん

小麦粉で作る、「ちゃんぽん麺」「ちゃんぽん玉」と呼ばれる独特の極太の麺を用いた具だくさんの汁麺。肉・魚介類・野菜など、おおむね10種類ほど、時にはそれ以上の具材をラードで炒め、そこへスープを注ぎ、麺を別にゆでずに直接入れて煮る。長崎の郷土料理だが一般に普及している。◇1899(明治32)年に創業した中華料理店「四海樓」の陳平順(ちんへいじゅん)が創案したとされる。一般的にこの語は料理をいうが、生麺を販売する際に表示する品名としても用いられる。「生めん類の表示に関する公正競争規約施行規則」によれば、中華麺は「チャンポン」と表示することができ、実際太い中華麺をそのように表示することもある。ただし長崎では鹹水(かんすい)ではなく「唐あく」という炭酸ナトリウムを主体とする添加物を用いて独特の食感を持たせた麺を用いることが多く、また上規則によれば、長崎県内で製造され、唐あく水を用いたものでなければ「長崎チャンポン」と表示することはできない。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃんぽん

長崎の名物料理。ブタ肉,イカ,小エビ,かまぼこ,ちくわ,たけのこ,シイタケキクラゲなどをラードでいためて調味したスープを加え,ゆでた中華めんともやしを入れてさっと煮上げたもの。スープを半量ほどにへらして同じ材料を煮,水溶きした片栗粉とろみをつけて平皿に盛っためんの上にかけたのが〈皿うどん〉である。明治の中ごろ長崎にいた中国人の考案になるという。【橋本 寿子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちゃんぽん

別種のものを交互に、または同時に用いること。 「日本酒とビールを-に飲む」 「独乙どいつ語と羅甸らでん語を-に囀ずり/社会百面相 魯庵
長崎料理の一種。肉・野菜・麺めんなどを一緒に煮たもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ちゃんぽん


小麦粉で作る、「ちゃんぽん麺」「ちゃんぽん玉」と呼ばれる独特の極太の麺を用いた具だくさんの汁麺。肉・魚介類・野菜など、おおむね10種類ほど、時にはそれ以上の具材をラードで炒め、そこへスープを注ぎ、麺を別にゆでずに直接入れて煮る。長崎の郷土料理だが一般に普及している。◇1899(明治32)年に創業した中華料理店「四海樓」の陳平順(ちんへいじゅん)が創案したとされる。一般的にこの語は料理をいうが、生麺を販売する際に表示する品名としても用いられる。「生めん類の表示に関する公正競争規約施行規則」によれば、中華麺は「チャンポン」と表示することができ、実際太い中華麺をそのように表示することもある。ただし長崎では鹹水(かんすい)ではなく「唐あく」という炭酸ナトリウムを主体とする添加物を用いて独特の食感を持たせた麺を用いることが多く、また上規則によれば、長崎県内で製造され、唐あく水を用いたものでなければ「長崎チャンポン」と表示することはできない。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ちゃんぽん
ちゃんぽん

長崎の名物料理。汁の多い麺(めん)料理の一種である。明治30年代に長崎に住む中国人により考案されたものといわれている。麺は長崎特有のちゃんぽん玉という中華麺が用いられる。具はイカ、エビ、かまぼこ、豚肉、もやし、ニンジン、キクラゲ、ネギ、タケノコ、キャベツなどを適宜用いる。適当な大きさに切った具をラードで炒(いた)め、豚骨(とんこつ)でとったスープと堅めにゆでたちゃんぽん玉を入れ、塩、こしょう、砂糖などで調味する。同じく長崎名物の皿うどんに似ているが、皿うどんはスープを少なくしてかたくり粉でとろみをつけ、炒めた中華麺にかける。[河野友美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のちゃんぽんの言及

【中国料理】より

…中国伝来の茶と野菜類など枚挙にいとまがない。中国料理の日本化した長崎の卓袱(しつぽく)料理,中国の精進料理に由来する普茶(ふちや)料理ちゃんぽん(福建省出身の華僑陳平順により1899年長崎にて売り出される),とんこつと呼ばれる豚骨付きバラ肉の角煮,正月の雑煮,中国ではすたれた屠蘇(とそ),七草粥,五月の節句の(ちまき)なども中国伝来である。 長崎は日本における華僑発祥の地で,江戸時代すでに清国との交流が深い長崎に貿易商人としての華僑が渡来していた。…

※「ちゃんぽん」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ちゃんぽんの関連キーワードチャンちゃんばら本ちゃんちゃんちゃん坊チャンポンめん日清のちゃんぽんヌードルパクちゃんポンちゃんラーメンみ子ちゃん長崎ちゃんぽん

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ちゃんぽんの関連情報