コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

って ッテ

3件 の用語解説(っての意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

って[格助・係助・終助]

[格助]《格助詞「」または「とて」の音変化とも》名詞、名詞的な語に付く。
引用する語、または文の下に付いて、次に来る動作・作用の内容を表す。…と。「金を貸してくれって頼まれた」「読書しろって言われた」
上の語または文が、次に来る語の内容説明であることを表す。…という。「山田様って方ご存じですか」「用ってほどじゃない」
[係助]名詞、名詞的な語に付く。
ある事柄を話題として取り上げて示す意を表す。…は。…というのは。「あなたって親切な人ね」「彼ってだれのこと」
相手の質問・命令・依頼などを受けて、それを話題として示す意を表す。…と言われても。「今さら変更するって、急に困るね」「どうするかって、決まってるだろ」
[終助]文末の種々の語に付く。
他から聞き及んだ話を伝える意を表す。…ということだ。…そうだ。「君、委員になったんだってね」「彼も行きたいって
(上昇のイントネーションを伴って)相手の言葉を受けて反問する意を表す。「えっ、なんだって」「なにっ、知らないって
(「かって」の形で)反語の意を表す。「こんなまずいもの食えるかって」「だれが言うことを聞くかって
自分の気持ちを主張する意を表す。「そんなこと知ってるって」「わかってるよ、もう言うなって」→たって[接助]
[補説]「って」は打ち解けた対話にだけ用いられる。の語源については、係助詞「とて」の促音添加、「という」「というのは」の音変化などとして扱うこともある。また、形容詞、形容詞型助動詞の連用形につく「って」は、接続助詞「」の変化したもので、とは異なる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

って

〔「とて」の転。くだけた言い方の話し言葉に用いられる〕
( 格助 )
動作・作用の内容を表す。と。 「きれいだ-いわれて喜んでいる」 「仲間に入れてくれ-頼まれた」
次に来る語の説明的な内容を表す。という。 「日本-国は狭いね」 「そんじょそこらにある-品物じゃないよ」
( 係助 )
語や文を話題として提示する。というのは。 「鳥-飛ぶ姿がきれいだ」 「いい話-何かしら」
相手の質問・命令・希望などを受けて、それを話題として提示する。といっても。 「どうするか-、ぼくにも名案はないよ」 「早く行け-、それは無理だよ」
( 終助 )
文末に付く。
ほかからの話を紹介する。ということだ。 「あの人合格したんだ-さ」 「ニュースでは雨は降らない-」
相手の言葉をとらえて、反問する。この場合、上昇調のイントネーションを伴う。というの(か)。 「犯人がつかまった-」 「結婚なさるんです-、へええ」
「だって」の形で、けいべつ、なげやりの気持ちをこめ、引用する。 「いいかげんに早く寝なさいだ-」 「困ったわねえだ-さ」 〔「うれしくって」など、活用語の連用形に接続する「って」は接続助詞「て」からでたもので、この語とは異なる〕

って

( 接助 )
〔「とて」の転。くだけた言い方の話し言葉に用いられる〕
活用語の終止形、接続助詞「から」などに接続する。前件が後件の正当な理由にならなかったり、後件が前件の予想に反する結果になるような場合の逆接条件を表す。といっても。としても。 「いくら反対した-、だめです」 「いまさら頼むと言ったから-、もうおそい」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

っての関連キーワードからとて口語文地べたそれじゃだけどだけどもちゃ話し言葉女共口言葉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

っての関連情報