って(読み)ッテ

デジタル大辞泉の解説

って[格助・係助・終助]

[格助]《格助詞「」または「とて」の音変化とも》名詞、名詞的な語に付く。
引用する語、または文の下に付いて、次に来る動作・作用の内容を表す。…と。「金を貸してくれって頼まれた」「読書しろって言われた」
上の語または文が、次に来る語の内容説明であることを表す。…という。「山田様って方ご存じですか」「用ってほどじゃない」
[係助]名詞、名詞的な語に付く。
ある事柄を話題として取り上げて示す意を表す。…は。…というのは。「あなたって親切な人ね」「彼ってだれのこと」
相手の質問・命令・依頼などを受けて、それを話題として示す意を表す。…と言われても。「今さら変更するって、急に困るね」「どうするかって、決まってるだろ」
[終助]文末の種々の語に付く。
他から聞き及んだ話を伝える意を表す。…ということだ。…そうだ。「君、委員になったんだってね」「彼も行きたいって
(上昇のイントネーションを伴って)相手の言葉を受けて反問する意を表す。「えっ、なんだって」「なにっ、知らないって
(「かって」の形で)反語の意を表す。「こんなまずいもの食えるかって」「だれが言うことを聞くかって
自分の気持ちを主張する意を表す。「そんなこと知ってるって」「わかってるよ、もう言うなって」→たって[接助]
[補説]「って」は打ち解けた対話にだけ用いられる。の語源については、係助詞「とて」の促音添加、「という」「というのは」の音変化などとして扱うこともある。また、形容詞、形容詞型助動詞の連用形につく「って」は、接続助詞「」の変化したもので、とは異なる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

って

〔「とて」の転。くだけた言い方の話し言葉に用いられる〕
( 格助 )
動作・作用の内容を表す。と。 「きれいだ-いわれて喜んでいる」 「仲間に入れてくれ-頼まれた」
次に来る語の説明的な内容を表す。という。 「日本-国は狭いね」 「そんじょそこらにある-品物じゃないよ」
( 係助 )
語や文を話題として提示する。というのは。 「鳥-飛ぶ姿がきれいだ」 「いい話-何かしら」
相手の質問・命令・希望などを受けて、それを話題として提示する。といっても。 「どうするか-、ぼくにも名案はないよ」 「早く行け-、それは無理だよ」
( 終助 )
文末に付く。
ほかからの話を紹介する。ということだ。 「あの人合格したんだ-さ」 「ニュースでは雨は降らない-」
相手の言葉をとらえて、反問する。この場合、上昇調のイントネーションを伴う。というの(か)。 「犯人がつかまった-」 「結婚なさるんです-、へええ」
「だって」の形で、けいべつ、なげやりの気持ちをこめ、引用する。 「いいかげんに早く寝なさいだ-」 「困ったわねえだ-さ」 〔「うれしくって」など、活用語の連用形に接続する「って」は接続助詞「て」からでたもので、この語とは異なる〕

って

( 接助 )
〔「とて」の転。くだけた言い方の話し言葉に用いられる〕
活用語の終止形、接続助詞「から」などに接続する。前件が後件の正当な理由にならなかったり、後件が前件の予想に反する結果になるような場合の逆接条件を表す。といっても。としても。 「いくら反対した-、だめです」 「いまさら頼むと言ったから-、もうおそい」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

って

(「と言う(といふ)」が「てふ」などを経て変化したもの。「ん」の後では「て」となる。→)
[1] 〘格助〙 文や語句・単語の引用を示す。
① あとに言語活動を表わす動詞が続く。「と」に置き換えることが可能。「天気予報で雨が降るって言ってたよ」「手術って聞いてびっくりしたわ」
※金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉後「頭部を撲れたのだから、脳病でも出なければ可いって、お医者様も然う言ってお在(いで)ださうだけれど」
② あとに体言や準体助詞が続き、その体言の内容の説明を受ける。体言(形式名詞)を省略することもある。…という。…というのは。「それって常識?」
※黴(1911)〈徳田秋声〉四二「君は観戦記者として、軍艦に乗るって話だが、然うかね」
[2] 〘終助〙 ((一)の用法の「って」の後の動詞節が倒置されたり省略されたりしたもの)
① 他人の言葉を引用する。強調するときはイントネーションは高い。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「基本の内には予言か何か外で見られない事が書いてあるんですって」
② 話し手自身の言葉を、聞き手に念を押すように語るときに用いる。イントネーションは高くならない。本来あとに来る「言うんだ」「言うことだ」などの言葉を省略した言い方。「いいから俺にまかせて置けって。悪いようにはしないから」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一〇「外の野郎共も〈略〉面白半分、野治馬になって助太刀をする。いやはや、一時は騒ぎだったって」
③ 相手の話や、話の中の語句を取り上げて、相手に問いただす。疑問詞で始まる文を受ける場合と、本来あとに来る「そのことは本当か?」「それは何か?」などの言葉を省略した言い方の場合とがある。イントネーションは上昇調。
※露芝(1921)〈久保田万太郎〉五「で、どうするって。━返すことにするって?」
④ 疑問詞で始まる文を受けて、反語を表わす。…するかって。「今さら誰がそんなこと信じるって」
[3] 〘係助〙
① 他人の質問・命令・主張を受けてそれを題目とし、説明や反論を導く。…という質問だが…。…と言われても…。「あしたまでに完成させろって、それは無理だよ」
※春泥(1928)〈久保田万太郎〉冬至「『どうして?』『どうしてってさうぢゃアありませんか』」
② 初めて話題に取り上げるものを提示する。…というものは。「人生って楽しいことばかりじゃないよ」
※末枯(1917)〈久保田万太郎〉「折口(をれくち)って何ういふ筋の折口だ」
[4] 〘接助〙
① 他人の発言行動を受け、それに対する話し手の論評に続ける。…と言うのは…だ。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「『人が厭だといふものを好(いい)々ッて、可笑(をか)しな慈母(おッか)さんだよ』『好と思ッたから唯好ぢゃ無いかと云ッたばかしだアネ。それを其様(そん)な事いふッて、真個(ほんと)に此娘(このこ)は可笑しな娘だよ』」
② 完了の助動詞の「た」や指定の助動詞の「だ」を受け、逆接の接続助詞的に用いる。→たってだって
③ 「…からって」の形で用いることが多い。
(イ) 因果関係を表わす。…ということを理由にして。…というわけで。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉三八「江戸では斯う云ふ旨(うめ)え物(もん)喰って居るからって、食物ア大変八釜しい」
(ロ) 逆接の関係を表わす。…といっても。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「幾程(いくら)母親さんの機に入ッたからッて肝腎のお前さんの機に入らなきゃア不熟の基(もと)だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

っての関連情報