はやぶさ(E5系)(読み)はやぶさ(いーごけい)

知恵蔵の解説

はやぶさ(E5系)

東北新幹線新青森駅(2010年12月開業予定)と東京駅の間を直通で運行(11年3月予定)する、新型車両(E5系、秋田新幹線はE6系)によって編成される列車の愛称。当面の最高時速は300キロで、東京~新青森の間を3時間10分程度で結ぶ。
列車の愛称は2010年春に一般公募され、スピード感があり親しみやすいとして「はやぶさ」が選ばれた。現在、東北新幹線に投入されている車両は2014年春までに新型の「はやぶさ」E5系などにすべて置き換えられ、E2系で編成される列車「はやて」は廃止される。新幹線E5系電車は、従来の新幹線(E2系営業最高速度、時速275キロ)よりも高速な営業運転をめざして開発されたもので、材料や構造の改良をはかり、時速320キロの営業運転を可能にするとともに、座席の前後の長さなどを広げるなどして快適性の向上もはかっている。また、横3列座席配置(2席+1席)の「グランクラス(Gran Class)」が、グリーン車よりも上位にあたる席として新たに設けられることになっている。
なお、「はやぶさ」は、東京駅と九州(西鹿児島駅など)の間を運行していた寝台特急列車の愛称としても使われていた時期がある。この寝台特急は2009年春に廃止され、現在は存在しない。

(金谷俊秀  ライター / 2010年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android