コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルバイト アルバイト 〈ドイツ〉Arbeit

5件 の用語解説(アルバイトの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アルバイト(〈ドイツ〉Arbeit)

[名](スル)《労働・仕事・研究の意》
本業や学業のかたわら、収入を得るための仕事をすること。また、その仕事をする人。内職。バイト。「書店でアルバイトする」「学生アルバイト
パートタイム労働法に定める短時間労働者に分類される雇用形態臨時雇いパートバイト。→フリーター
学問上の作業。業績。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人材マネジメント用語集の解説

アルバイト

・arbeit
ドイツ語で「労働」の意味。本業とは別に副業として収入を得る、あるいは短時間労働者季節労働者、繁忙期の一時労働者として就労することに総じて用いる。主婦のパートも同じ意味として用いられる。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

アルバイト

本職以外の仕事、内職、副業。元のドイツ語では労働のことだった。英語ではpart‐time job(パートタイム・ジョブ)、side job(サイドジョブ)。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アルバイト

ドイツ語のArbeit(労働,業績の意)から転じて,〈本業とは別に収入を得るための仕事〉の意味で使われている。学生が学業のかたわら一時的に行う仕事を指すことが多いが,最近では主婦がパートタイマーとして一時的・季節的に就労する場合でもアルバイトとよぶ。学生のアルバイトという用語は,その近代的イメージから第2次大戦後の経済生活が迫(ひつぱく)していた混乱期に流行しはじめ一般化したものである(それ以前には〈内職〉とよばれていた)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アルバイト【Arbeit】

( 名 ) スル
〔仕事・業績の意〕
学業や本業のかたわらに賃仕事をすること。また、それをする人。バイト。
学問上の業績。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルバイトの関連キーワードカルキドイツ労働総同盟ラジオ まいにちドイツ語クライ土壌ナーゲルカルクザイルラヴァドイ語関口存男藤田五郎(1)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルバイトの関連情報