アルバイト

精選版 日本国語大辞典「アルバイト」の解説

アルバイト

〘名〙 (Arbeit)
① 労働。作業。仕事。〔新しき用語の泉(1921)〕
② 学問研究の作業。研究業績、特に、研究論文。
③ (━する) 学生が、学業のかたわら従事する仕事や、社会人が本業のかたわら行なう内職。また、それをする人。バイト
※旅‐昭和九年(1934)一一月号・秘境奈良田と西山温泉〈細井吉造〉「アルバイトを必要とせずしかも最短時間に到達されるもので」
※赤い孤独者(1951)〈椎名麟三〉一「昼間会社へつとめ、夜はどこかの喫茶店でアルバイトしている女たち」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「アルバイト」の解説

アルバイト(〈ドイツ〉Arbeit)

[名](スル)《労働・仕事・研究の意》
本業や学業のかたわら、収入を得るための仕事をすること。また、その仕事をする人。内職。バイト。「書店でアルバイトする」「学生アルバイト
パートタイム労働法に定める短時間労働者に分類される雇用形態。臨時雇い。パート。バイト。→フリーター
学問上の作業。業績。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳「アルバイト」の解説

アルバイト

本職以外の仕事、内職、副業。元のドイツ語では労働のことだった。英語ではpart‐time job(パートタイム・ジョブ)、side job(サイドジョブ)。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版「アルバイト」の解説

アルバイト

ドイツ語のArbeit(労働,業績の意)から転じて,〈本業とは別に収入を得るための仕事〉の意味で使われている。学生が学業のかたわら一時的に行う仕事を指すことが多いが,最近では主婦がパートタイマーとして一時的・季節的に就労する場合でもアルバイトとよぶ。学生のアルバイトという用語は,その近代的イメージから第2次大戦後の経済生活が迫(ひつぱく)していた混乱期に流行しはじめ一般化したものである(それ以前には〈内職〉とよばれていた)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android