コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルベルト[ザクセンの] Albert von Sachsen

世界大百科事典 第2版の解説

アルベルト[ザクセンの]【Albert von Sachsen】

1316ころ‐90
中世のスコラ哲学者。ヘルムシュテットの富裕な家に生まれ,プラハで学び,パリに遊学して学士号を得た。パリ大学学芸学部教師として名声を博し,1353年に同大学の学長となった。62年ころパリを去り,アビニョン教皇庁ウルバヌス5世に仕えた。ウィーン大学の創設に参画し,65年初代総長となったが1年で辞し,66年ハルバーシュタットの司教に任ぜられ,生涯その職にあった。彼の著作は自然学,数学,論理学にわたる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアルベルト[ザクセンの]の言及

【中世科学】より

…ヨルダヌスは棹秤や斜面の静力学的問題を〈仕事〉や〈モーメント〉の概念を内包する原理によってみごとに証明し,グロステストは数学的演繹と経験的実証とを結びつける数学的経験科学の独自の方法論を展開し,その弟子R.ベーコンはこの方法論をさらに発展させ,光学の研究においてそれを実践した。またこのとき新たに受容されたアリストテレスの自然学は,アルベルトゥス・マグヌスやトマス・アクイナスに大きな影響を与え,科学知識の原理的再編成がなされた。14世紀になると,こうしたアリストテレス的自然学のもつもろもろの難点が指摘され,〈ガリレイの先駆者〉たちが登場することとなる。…

※「アルベルト[ザクセンの]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルベルト[ザクセンの]の関連キーワードウルバヌス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android