コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレグロ allegro

翻訳|allegro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレグロ
allegro

音楽用語。イタリア語で「朗らかな」「快活な」の意味。本来は発想用語であったが,次第にプレスト (「きわめて速く」の意) に次いで早い速度を意味するようになった。転義して,同上の速度で書かれた楽章や楽曲をさす (例:アレグロ・バルバロ) 。

アレグロ
allegro

バレエ用語。速い音楽を伴奏に,軽快に踊る一連のパ (ステップ) をいう。基礎練習の1つでもある。アントルシャカブリオル,アサンブレ,ジュッテなど跳躍のパはすべてこれに属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アレグロ

(1)音楽用語。もとは楽しげなという意味だったが,現在は速いテンポのこと,またそのような楽曲をさす。モデラートプレストの中間。(2)クラシック・ダンス用語。速い音楽に合わせて,敏速に動く動きの連続をいう。回転,跳躍,あるいはとび上がっている最中の空中での回転などの動きを含む一連の動き。速い動きの稽古(けいこ)をさす場合もある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アレグロ【allegro】

音楽の速度標語の一。「速い速度で、軽快に(演奏せよ)」の意。また、その速さで演奏する曲や楽章。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレグロ
あれぐろ
allegroイタリア語

「快速に」を意味する音楽の速度標語。イタリア語のallegro(愉快な、陽気な)を語源にもつ。16~17世紀を通じては、概して語源どおりの表情を示す発想標語として使用されていた。速度標語としては、1611年にイタリア人バンキエリが彼の作品に用いたのが最初であろう。アレグロはまた、ソナタや交響曲における速いテンポの第1楽章や終楽章を意味する用語としても用いられる。[黒坂俊昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アレグロの関連情報