コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレグロ allegro

翻訳|allegro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレグロ
allegro

音楽用語。イタリア語で「朗らかな」「快活な」の意味。本来は発想用語であったが,次第にプレスト (「きわめて速く」の意) に次いで早い速度を意味するようになった。転義して,同上の速度で書かれた楽章や楽曲をさす (例:アレグロ・バルバロ) 。

アレグロ
allegro

バレエ用語。速い音楽を伴奏に,軽快に踊る一連のパ (ステップ) をいう。基礎練習の1つでもある。アントルシャカブリオル,アサンブレ,ジュッテなど跳躍のパはすべてこれに属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アレグロ(〈イタリア〉allegro)

音楽で、速度標語の一。軽快に速く、の意。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アレグロ

(1)音楽用語。もとは楽しげなという意味だったが,現在は速いテンポのこと,またそのような楽曲をさす。モデラートプレストの中間。(2)クラシック・ダンス用語。速い音楽に合わせて,敏速に動く動きの連続をいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アレグロ【allegro】

音楽の速度標語の一。「速い速度で、軽快に(演奏せよ)」の意。また、その速さで演奏する曲や楽章。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレグロ
あれぐろ
allegroイタリア語

「快速に」を意味する音楽の速度標語。イタリア語のallegro(愉快な、陽気な)を語源にもつ。16~17世紀を通じては、概して語源どおりの表情を示す発想標語として使用されていた。速度標語としては、1611年にイタリア人バンキエリが彼の作品に用いたのが最初であろう。アレグロはまた、ソナタや交響曲における速いテンポの第1楽章や終楽章を意味する用語としても用いられる。[黒坂俊昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アレグロの関連キーワードベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第4番 ト長調/piano and orchestra(concerto)バッハ:前奏曲とパルティータ ヘ長調(第3旋法による)/piano soloベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調/piano soloモーツァルト:ピアノ・ソナタ 第4番 変ホ長調/piano soloシューマン, クララ:ソナチネ(ソナタ)/piano soloロドリーゴ:早起き鶏への前奏曲/piano soloバッハ:協奏曲とフーガ ハ短調/piano soloバッハ(Johann Christian Bach)ロドリーゴ:朱色の塔のかげに/piano soloグラナドス:演奏会用アレグロ/piano soloバッハ:トッカータ ホ短調/piano soloバッハ:トッカータ ト短調/piano soloバッハ:トッカータ ハ短調/piano soloバッハ:トッカータ ニ長調/piano soloイベール:フランス風/piano soloM. ヤンチョーマーク モリスノントロッポヤンチョービバーチェ

アレグロの関連情報