アンソロジー(英語表記)anthology

翻訳|anthology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

詞華集。語源はギリシア語 anthos (花) +legein (摘む) で,花束の意。本来はエレゲイア形式のエピグラム集をさし,前 90年頃ガダラのメレアグロスが,最初期から当代までの詩人 50人の作品の選集を編んだ。これを基礎として同類のものが次々に企画されたのち,コンスタンチヌス7世の治世 (913~959) にコンスタンチヌス・ケファラスがそれまでの選の再編集を試みた。いわゆる『ギリシア詞華集』 (980頃) は,それの改訂増補版ともいうべきもので,前7世紀から 10世紀にわたり 300をこえる詩人の作品を収めている。 1301年プラヌデスによってさらに改訂が加えられ,これが西ヨーロッパ諸国に伝えられて,大きな影響を与えることになった。近世以後アンソロジーの編纂は盛んに行われ,現代では大小さまざまな選集が,時代別,種類別,主題別に,また総合的なものから個人作家のものまで,おびただしく刊行されている。特にイギリスには,エリザベス朝の詩的開花の基盤となった『トトル詩選集』 (1557) ,ロマン派の源泉の一つとなった T.パーシーの『イギリス古詩拾遺』 (1765) ,アンソロジーの古典といわれるポールグレーブの『ゴールデン・トレジャリー』 (1861) などがある。日本には『万葉集』をはじめ『古今和歌集』以下の 21代勅撰和歌集私家集などの豊かな伝統があり,中国にも『詩経』『文選』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

選集・文集のこと。もともとは異なる詩人の作品を集めた〈名詩集〉という意味で,〈詞華集〉などと訳されたが,現在では詩以外の芸術作品を集めたものも指す。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

一般に同一の文学形式ないし主題の下にまとめられた諸作家の選集を指す語。詩の場合が多く,〈詞華集〉〈名詩選〉などと訳される。もとになった古代ギリシア語anthologiaの原意は〈集華〉であるが,これが今日の用法で使われるのは10世紀ビザンティン時代の学者が,古代より数回の集成編纂を経た三千数百編の短詩(多くはエレゲイア形式のギリシア語碑文詩=エピグラム)の集大成を遂げたときこの語を冠したことによる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

詞華集、名詩選。ギリシア語のアンソロギアanthologia(花を集めたもの)に由来する。優れた詩や散文を集めたもので、最初の編者は紀元前1世紀のメレアグロスとされ、詩人50人のエピグラムepigram(短い風刺詩)を集めた。アンソロジーの名は2世紀の編者ディオゲニアヌスによって用いられた。こうして前7世紀から後10世紀に至る300人の詩人による6000の短詩が10世紀のケファラスによって完成され、アンソロジーというと、この『ギリシア詞華集』のことをさすようになった。近世のアンソロジーは叙情詩を中心とした短詩からなり、イギリスには『トテル拾遺選』Tottel's Miscellany(1557)、フランスでは『現代詩選』Le Parnasse contemporain(1866)があり、また、中国の『唐詩選』も含められよう。アンソロジーはジャンル別、時代別など種々あるが、内容は編者の鑑識眼や好みによって左右されることが多い。

[船戸英夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (anthology) 国別、流派別、主題別など、一定の基準で選ばれた詩歌集・文芸作品集。名詩選。詞華集。〔モダン辞典(1930)〕
※古典と現代文学(1955)〈山本健吉〉詩の自覚の歴史「日本にまだこれまで一冊の詞華集(アンソロジー)も編まれていないことの怠慢」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンソロジーの関連情報