コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イサク イサク Jishāq; Isaac

6件 の用語解説(イサクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イサク
イサク
Jishāq; Isaac

アブラハムとサラの子。ヘブライ語で「彼は笑う」の意。神はアブラハムを試みるためイサクを燔祭 (はんさい) として捧げることを命じ,彼が神の言葉に従ったので,神はアブラハムを祝福し,一族の繁栄を約束した (創世記 22章) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イサク(Isaak)

旧約聖書創世記」に登場するイスラエルの伝説的族長。神との契約によってアブラハムと妻サラとの間に生まれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イサク

旧約聖書中のイスラエルの族長の一人。《創世記》によれば,アブラハムの子で,神に試されて進んで犠牲として捧げられようとしたり,妻リベカのたくらみによって長子エサウの代りに弟のヤコブを祝福した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イサク【Isaac】

旧約聖書に登場する人物で,イスラエルの族長のひとり。《創世記》によれば,アブラハムが100歳,妻サラが90歳のときに生まれた唯一の嫡子。神がアブラハムに与えた子孫の祝福のしるしとしての意味をもつ〈約束の子〉であったが,少年時代に,神がアブラハムの信仰を試みるために下した〈イサクを神に犠牲として捧げよ〉との命令に対して,父とともに従順であった。晩年に失明し,死ぬ前に長子エサウを祝福しようとしたが,欺かれて次男のヤコブを祝福した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

イサク【Isaac】

旧約聖書創世記に登場するイスラエルの族長。アブラハムとサラに契約のしるしとして神が与えた子。ヤコブの父。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イサク
いさく
yitschqyischqヘブライ語

イスラエルの族長の一人。『旧約聖書』の「創世記」によれば、アブラハムの息子で、エサウおよびヤコブの父とされる。なかでも「イサク奉献」(22章)、「嫁選び」(24章)、「ゲラル逗留(とうりゅう)」(26章)および「ヤコブ祝福」(27章)は、イサクの生涯と信仰についてよく物語っている。「イサク」の名は「笑い」の意を有し、彼の誕生前後のさまざまな笑いに由来する。両親は、神から子授けの約束を聞き、自分たちの高齢を思って苦笑する(17章17、18章12)。母サラは、イサクを産んで喜び笑い、同時に高齢出産に対する世間のもの笑いを気にする(21章6)。ちなみにキルケゴールは、彼の著書『おそれとおののき』のなかで、イサク奉献をめぐり信仰の諸問題について省察する。[定形日佐雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イサクの関連キーワード最後の審判ヨブエクソダスセムヤーウェ聖ダニエル廟アフラキングスシティマグダラミグダル

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イサクの関連情報