コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソシギ Actitis hypoleucos; common sandpiper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソシギ
Actitis hypoleucos; common sandpiper

チドリ目シギ科。全長 18~20cm。頭部から背,尾,上面は灰褐色で,白色の眉斑と翼帯がある。過眼線も灰褐色で,耳羽,喉は白い。胸から腹は白く,胸に細かい灰褐色斑がある。水辺にすみ,独特の涼しげな声で「つぃーつぃーつぃー」と鳴きながら水面近くを飛ぶのが特徴。ユーラシア大陸の北極圏亜熱帯熱帯を除く全域で繁殖する。食べ物は昆虫や甲殻類などの無脊椎動物で,湖沼沿岸,海岸,河川などにすみ,水辺の近くの地面に営巣する。渡り鳥で,冬季はヨーロッパ西部,サハラ砂漠を除くアフリカ,ユーラシア大陸の亜熱帯から熱帯,ニューギニア島オーストラリアに渡る。冬季温暖なイギリスや地中海地方,日本などには一年中生息する。日本では奄美群島以北で繁殖し,多くの地域では留鳥だが,北海道では夏鳥で,琉球諸島では冬鳥である。(→渉禽類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イソシギ

シギ科の鳥。翼長11.5cmの小型のシギ。飛んだとき翼に白い線が目だつ。ユーラシア大陸中部で繁殖し冬は南へ渡る。日本では湖沼や海岸に夏鳥として渡来し,九州以北で繁殖。冬に見られるものは北から南下してきた冬鳥とされている。草の根元などに皿形の巣を作る。浅い水中や土中の昆虫や貝などを食べ,歩きながらよく尾を振る。ツィーツィツィと細い声で鳴く。
→関連項目シギ(鴫/鷸)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イソシギ【common sandpiper】

小型のチドリ目シギ科の鳥。ユーラシア大陸の中部で広く繁殖し,北の地域のものは,冬,アフリカ,インド,東南アジアフィリピン,オーストラリアなどに渡る。日本では北海道,本州,九州で繁殖し,一年中見られる。川の中州,河原,湖沼の岸などにすみ,繁殖期以外には海岸や河口干潟入江,堤防のきわ,海岸の岩場などにもいる。全長約20cm。体の上面は灰黒褐色で黒い横斑があり,眉斑は白い。のどから胸にかけて灰褐色の縦斑が密にあり,胸以下は白い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソシギ
いそしぎ / 磯鷸
common sandpiper
[学]Tringa hypoleucos

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。ユーラシアの中部で広く繁殖し、冬は南へ移動するものもある。日本では北海道と本州で普通に繁殖し、1980年(昭和55)熊本県、82年には宮崎県でも巣と卵が発見された。全長約20センチメートル、翼長約11センチメートル。体の上面は灰黒褐色で細かい黒色の斑(はん)があり、眉斑(びはん)は白い。顔、頸(くび)、胸には灰褐色の縦斑があり腹部は白い。飛ぶと翼に白帯が出る。繁殖期には内陸の川岸や湖岸にすみ、非繁殖期には海岸の入り江、磯(いそ)、防波堤のすそなどにも姿をみせる。水際の地上を尾を上下に振りながら歩いて、動物質の餌(えさ)をあさる。翼をけいれんさせるように浅く羽ばたいて岸から岸へ低く飛ぶことが多く、ツィーリーリーと細い声を発する。繁殖期にはツチチ、ツチチと鳴きながら飛び回る。草の根元に浅いへこみをつくり枯れ草を敷いて巣とし、4個の卵を産む。雛(ひな)は綿羽に覆われ、孵化(ふか)してまもなく巣を離れる。[高野伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イソシギの関連キーワード高野伸二クサシギ擬傷箱根

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イソシギの関連情報