コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソプレン isoprene

翻訳|isoprene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソプレン
isoprene

2-メチル-1, 3-ブタジエンともいう。化学式 CH2=C(CH3)CH=CH2天然ゴムの構成分子であり,天然ゴムの熱分解によって得られる。また石油の分解生成物にも含まれる。合成ゴム製造の原料となる揮発性液体で,沸点 34℃。刺激臭があり,有機溶剤によく溶ける。共役ジエン特有の反応を示し,適当な触媒によりイソプレン自身の重合あるいは他の不飽和化合物と共重合させて,種々の特性をもつ合成ゴムを得ることができる。工業的には石油分解物のイソペンタン脱水素により生産される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

イソプレン

化学式はCH2=C(CH3)−CH=CH2。刺激臭のある無色の液体。融点−145.95℃,沸点34.07℃,比重0.78942。天然ゴムの高分子をつくる主要基本単位。
→関連項目グッタペルカゴム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イソプレン【isoprene】

二重結合を二つもつ脂肪族鎖式不飽和炭化水素(ジオレフィン,鎖式ジエン)の一つ。IUPAC命名法では2‐メチル‐1,3‐ブタジエン。古くから天然ゴムの単位構成分子として知られている。天然ゴム,テレビン油などを熱分解すると得られる。無色でやや刺激臭のある揮発性液体。融点-145.95℃,沸点34.07℃,比重0.78942(0℃)。各種溶剤に可溶,水には不溶。二重結合は共役二重結合をなすので化学反応性が高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

イソプレン【isoprene】

天然ゴム・テレビン油を熱分解して得る揮発性・刺激臭のある無色の液体。化学式 CH2=CH(CH3)-CH=CH2 工業的には石油系炭化水素の脱水素反応などによってつくられる。合成ゴム(イソプレン-ゴム)の原料。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソプレン
いそぷれん
isoprene

正しくは2-メチル-1,3-ブタジエンといい、共役ジエンの一つ。化学式H2C=C(CH3)-CH=CH2。天然ゴムやテレビン油(テレピン油ともいう)を熱分解すると得られる。
 無色の弱い刺激臭をもつ液体。工業的にはナフサや軽油の熱分解の副生成物の一つとして得られ、また石油から得られるイソペンタンの脱水、あるいはイソブテンとホルムアルデヒドから、またはアセチレンとアセトンから製造される。これをツィーグラー・ナッタ型の触媒を用いて重合させて、天然ゴムと同様にすべての二重結合がシス型の配置をとったポリイソプレンとし、合成天然ゴムsynthetic natural rubberとして利用する。これは高い弾性を示すが、他方イソプレンをとくに触媒を用いずに重合させた重合体は、すべての二重結合がトランス型の配置をとるため、弾性を示さない。あるいはイソブチレンと共重合させた通称ブチルゴムは二重結合を含まないため、弾性が乏しい。天然のテルペンの骨格はイソプレン単位から光合成されたと考えられている。[徳丸克己]
『Donatas Satas編著、水町浩監訳、井上雅雄ほか訳『粘着技術ハンドブック』(1997・日刊工業新聞社) ▽R・ホワイマン著、碇屋隆雄・山田徹訳『有機金属と触媒――工業プロセスへの展開』(2003・化学同人)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イソプレンの関連キーワードpolyisoprene gomウイリアム・A. ティルデンレオポルド・S. ルジチカイソプレン(データノート)セスキテルペノイドコエンザイムQ10ポリテルペン樹脂IUPAC命名法イソプレンゴムセスキテルペンポリオレフィンジオレフィンイパーチエフイソブチレンイパーチェフトリテルペンイソプレン則モノテルペンステレオゴムフィトール

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イソプレンの関連情報