コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウッチェロ Uccello, Paolo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウッチェロ
Uccello, Paolo

[生]1397. フィレンツェ
[没]1475.12.10. フィレンツェ
イタリアの画家。本名 Paolo di Dono。鳥の描写にすぐれたためウッチェロ (鳥) と呼ばれた。幾何学と遠近法の研究で知られる。国際ゴシック様式を脱してブルネレスキドナテロマサッチオによって開発された新技法を用いて北方の精細な自然主義の影響下に装飾的,写実的作品を描く。 1415年聖ルカ画家組合登録。 25~30年頃ベネチアのサン・マルコ大聖堂のモザイク制作。 30年頃フィレンツェへ戻り大理石像的効果をもつ『ジョン・ホークウッド騎馬像』 (1436) を描き,46~48年同市のサンタ・マリア・ノベラ聖堂の修院回廊に『ノアの物語』を制作。ほかに『サン・ロマーノの合戦』3部作 (56頃,ロンドン,ナショナル・ギャラリー,ルーブル美術館,ウフィツィ美術館) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ウッチェロ(Paolo Uccello)

[1397~1475]フィレンツェの画家。ゴシック様式風の装飾性と、新しい画法だった遠近法を生かし、「サン‐ロマーノの戦い」など騎馬図を多く描いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ウッチェロ

イタリアの画家。本名パオロ・ディ・ドーノPaolo di Dono。ウッチェロ(〈鳥〉の意味)は通称で,好んで鳥を描いたためつけられたといわれる。フィレンツェ生れ。
→関連項目サンタ・マリア・ノベラ聖堂

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウッチェロ【Paolo Uccello】

1397‐1475
イタリアの画家。本名パオロ・ディ・ドーノPaolo di Dono。ウッチェロ(〈鳥〉の意)は通称で,バザーリは,彼が動物,とりわけ鳥を好んで描いたためつけられたと伝える。フィレンツェ生れ。ギベルティの弟子としてフィレンツェの洗礼堂北側門扉の仕上げに携わり,1415年に医薬師組合に,24年に聖ルカ画家組合に登録される。25‐30年ころにベネチアに滞在し,サン・マルコ大聖堂のためにモザイク(現存せず)を制作したことが知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ウッチェロ【Uccello】

1397~1475) 〔本名 Paolo di Dono〕 イタリアの初期ルネサンスの画家。新しい画法である遠近法と短縮法とを試みたが、全体としては装飾的な要素が強い。代表作「ノアの洪水」「サン-ロマーノの戦い」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウッチェロ
うっちぇろ
Uccello
(1397―1475)

イタリアの初期ルネサンスの画家兼モザイク師。ウッチェロ(鳥の意)は通称で、本名をパオロ・ディ・ドーノPaolo di Donoといい、フィレンツェに生まれ、同地に没した。彼はとくに透視画法の研究者としてよく知られており、イタリア15世紀の著名画家の一人にあげられるのは、独自のやや誇張された透視画法の運用によるといえる。彫刻家ギベルティの工房の助手から出発するが、ここでの修業(1407~14/15)を経て、1425年ベネチアに赴き、サン・マルコ大聖堂でモザイクの制作に従事した。31年初頭フィレンツェに帰り、建築家ブルネレスキ、彫刻家ドナテッロあるいは画家マサッチョといったこの時代の先駆者たちの業績に示された透視画法や解剖学の研究成果を手掛りとして、装飾的かつ写実的な絵画表現を意図していた。その意図が完全に実現されたとはいえないが、彼の大胆な試みの事例とされるのが、ベネチアから帰って着手したフレスコ画『洪水』そのほかの連作(1431~50、フィレンツェ、サンタ・マリア・ノベッラ聖堂)である。この大作の構図および人物像には、それまでに蓄積された彼の手法が端的に示されている。これと前後して『傭兵(ようへい)隊長ジョン・ホークウッド騎馬像』(1436、フィレンツェ大聖堂)を制作するが、大理石騎馬像にかわるものとして、視覚的な効果に苦心の跡をとどめている。ウッチェロの代表作『サン・ロマーノの戦闘図』の三部作(1455~60、ロンドン・ナショナル・ギャラリー、ルーブル美術館、ウフィツィ美術館)は、前記『洪水』などの大作より5年遅れて着手された。これらの作品では透視画法的に整えられた前景の人馬の細部描写と幻想的な背景が、とくに人目をひくが、この組合せによって超現実的な表現効果が強められている。65年にはウルビーノに赴くが、晩年の『狩猟図』(オックスフォード、アシュモリアン美術館)はそのおりに領主フェデリゴから委嘱された室内装飾の一部とみなされている。この魅力ある画面には人物、動物の的確な描写、透視画法に則した空間表現など優れた成果が示されている。[濱谷勝也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウッチェロの関連キーワードサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂[フィレンツェ]サンタ・マリア・ノベラ聖堂[フィレンツェ]サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ竜と戦う聖ゲオルギウスサン・ロマーノの戦いウルビーノ歴史地区クァトロチェントシュルレアリスムフィレンツェ派ルネサンス美術カスターニョ記念騎馬像カッソーネパドバ派ゴーキーピサネロ戦争画油絵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android