コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウトウ ウトウ Cerorhinca monocerata; rhinoceros auklet

2件 の用語解説(ウトウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウトウ
ウトウ
Cerorhinca monocerata; rhinoceros auklet

チドリ目ウミスズメ科。全長約 38cmの海鳥。頭上,背,,尾は暗褐色で,顔,喉,胸,脇腹が灰褐色,腹は白い。は橙色。趾(あしゆび)には蹼(みずかき)がある。雌雄とも繁殖期には上嘴の基部上に三角形の突起があるほか,眼と嘴の後方に伸びる 2条の白色の飾り羽がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウトウ
うとう / 善知鳥
hornbilled puffinrhinoceros auklet
[学]Cerorhinca monocerata

鳥綱チドリ目ウミスズメ科の海鳥。全長37.5センチメートル。頭から尾までの背面は黒褐色、腹は白色。夏羽では顔に2条の飾り羽がある。嘴(くちばし)は橙(だいだい)色で、夏羽では基部に上方に向いた突起がある。雌雄同色。太平洋の寒帯沿岸にすんでおり、カリフォルニアから日本まで分布している。日本では本州北部や北海道の離島で繁殖するものがあり、宮城県女川(おながわ)湾沖の江の島、北海道の天売(てうり)島などはよく知られた集団繁殖地である。地中に1メートルほどの横穴を掘り、枯れ草を敷き、汚白(おはく)色地に淡褐色や灰青色の斑(はん)や条斑のある1卵を産む。北海道ではケントガモともよばれる。「うとう」とはアイヌ語で「突起」の意で、東北地方では海岸に突出した場所をいい、嘴の形が似ているのでこうよばれる。青森市には善知鳥神社があるが、「陸奥(みちのく)の外(そと)の浜なる呼子鳥鳴くなる声はうたふやすかた」と詠んだ藤原定家(ていか)の歌があるように、陸奥(むつ)外ヶ浜にまつわる伝説にちなんでいる。[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウトウの関連キーワード海雀白千鳥海鸚鵡白鰺刺千鳥目ウミオウム(海鸚鵡)ウミガラス(海烏)ウミスズメ(海雀)ツノメドリ(角目鳥)モグリウミツバメ(潜海燕)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウトウの関連情報