コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウトウ Cerorhinca monocerata; rhinoceros auklet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウトウ
Cerorhinca monocerata; rhinoceros auklet

チドリ目ウミスズメ科。全長約 38cmの海鳥。頭上,背,,尾は暗褐色で,顔,喉,胸,脇腹が灰褐色,腹は白い。は橙色。趾(あしゆび)には蹼(みずかき)がある。雌雄とも繁殖期には上嘴の基部上に三角形の突起があるほか,眼と嘴の後方に伸びる 2条の白色の飾り羽がある。冬羽(→羽衣)のときには嘴の突起と飾り羽はない。冬季には沖合いでも沿岸海域でも暮らすが,繁殖期には海岸の崖地や沿岸の島の草地の斜面などに 1~5mの深い穴を掘り,集団で営巣する。北太平洋の海上に生息し,潜水してイカナゴオキアミ,イカなどをとる。水深 60mまでもぐったという記録がある。日本では北海道天売島大黒島松前小島岩手県椿島宮城県の江ノ島列島などで繁殖している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウトウ
うとう / 善知鳥
hornbilled puffinrhinoceros auklet
[学]Cerorhinca monocerata

鳥綱チドリ目ウミスズメ科の海鳥。全長37.5センチメートル。頭から尾までの背面は黒褐色、腹は白色。夏羽では顔に2条の飾り羽がある。嘴(くちばし)は橙(だいだい)色で、夏羽では基部に上方に向いた突起がある。雌雄同色。太平洋の寒帯沿岸にすんでおり、カリフォルニアから日本まで分布している。日本では本州北部や北海道の離島で繁殖するものがあり、宮城県女川(おながわ)湾沖の江の島、北海道の天売(てうり)島などはよく知られた集団繁殖地である。地中に1メートルほどの横穴を掘り、枯れ草を敷き、汚白(おはく)色地に淡褐色や灰青色の斑(はん)や条斑のある1卵を産む。北海道ではケントガモともよばれる。「うとう」とはアイヌ語で「突起」の意で、東北地方では海岸に突出した場所をいい、嘴の形が似ているのでこうよばれる。青森市には善知鳥神社があるが、「陸奥(みちのく)の外(そと)の浜なる呼子鳥鳴くなる声はうたふやすかた」と詠んだ藤原定家(ていか)の歌があるように、陸奥(むつ)外ヶ浜にまつわる伝説にちなんでいる。[柳澤紀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウトウの関連キーワードセイヨウミザクラ(西洋実桜)アウトウォッシュ・プレーンキヨスミウツボ(清澄靫)コウトウチュウ(鉤頭虫)タイヨウフウトウカズラ暑寒別天売焼尻国定公園南三陸金華山国定公園宮城県牡鹿郡女川町チェリーブランデーサクランボ(桜坊)サンメン(三門)湾ベンズアルデヒドオウトウ(桜桃)江島(宮城県)アウターウエアチリパウダーマラスキーノオニビシの姉サクランボ河氷堆積物

ウトウの関連情報