エアバス[会社](読み)エアバス

百科事典マイペディアの解説

エアバス[会社]【エアバス】

ヨーロッパの代表的な航空機メーカー。1970年フランスとドイツによる企業連合として設立。のちスペインと英国も参加したが,2001年統合企業となり,EADS(仏独西の合弁企業。〈アエロスパシアル・マトラ社〉参照)と英国のBAEシステムズが80%と20%を出資。本社はフランスのトゥールーズ。A300(300席クラス),A310(200席)などのいわゆる〈エアバス〉の開発をはじめ12機種を投入(世界で3000機以上が運航),近年は超大型機A380(総2階建て,最大840席)を投入しようとしており,これには日本の企業約10社も部品製造に参加。2008年売上げは390億米ドル。2001年エアバス・ジャパンが設立された。2005年12月中国と150機の購入契約を交わすとともに,同国に旅客機組立て工場の建設を検討していると発表,協力関係の強化を表明した。受注機数・納入機数とも米国ボーイング社とほぼ拮抗しており,世界の航空機市場を二分している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android