コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オイラート(瓦剌) オイラートOirāt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オイラート(瓦剌)
オイラート
Oirāt

オイラットともいう。ヨーロッパではカルムイク,カルムックと呼ばれる。モンゴル系の言語を話す北アジアの遊牧民族の一つ。歴史に初めて登場したのは 13世紀初めであるが,当時は,エニセイ川上流のダルハト盆地のシシヒト川渓谷を本拠とし,シベリアの森林の狩猟民を支配していた。その王家がモンゴルのチンギス・ハンにくだってから,代々モンゴルの帝室と通婚した。 14世紀後半にモンゴルが衰退するとともに勢力を伸ばし,1388年北元のトクズ・テムル (脱古思帖木児) を滅ぼしてから実権を握り,マフムード,トガン,エセン (也先) の3代の間に北アジアに大帝国を建設した。 1454年エセン・ハンが殺されるとともに帝国は瓦解,16世紀後半にはアルタン (俺答) の征伐を受けて以来,外モンゴルのハルハ (哈爾哈) 部族に押されてシベリアに追出された。この頃のオイラートは昔の王家の直系のホイト,バートゥット,ナイマンの後裔と思われるジュンガル,ドルベット,ケレイトの後裔トルグート,チンギス・ハンの弟ジョチ・ハサルの子孫の所領ホショット,そのほかバルグ,ブリヤートなどから成っていた。 1623年ハルハのウバシ・ホンタイジの軍を破ってから勢力を盛返し,トルグートは 28~30年南ロシアに移住して今のボルガ・カルムックとなった。ホショットは 36~42年に青海,チベットを征服した。ジュンガルのガルダン (噶爾丹) が 76年ホショットのオチルトゥ・ハンを捕えるに及んでオイラートの覇権はホショットからジュンガルに移り,1757年清朝にアムルサナー (阿睦爾撒納) が滅ぼされるまで,ジュンガル王国は東トルキスタンを支配し,西トルキスタン諸国から貢税を取って繁栄した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オイラート(瓦剌)の関連キーワードアラシャン・オーロット(阿拉善額爾特)アムルサナー(阿睦爾撒納)ドルベット(杜爾伯特)部トルグート(土爾扈特)ホシュート(和碩特)部アルクタイ(阿魯台)モグリスタン・ハン国オルジェイ・テムルチョロス(綽羅斯)アルタン(俺答)ホイト(輝特)部トゴン(脱歓)エセン(也先)ジャンガル物語カルムイク族馬市(中国)北アジア史チベット史オイラートタタール

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android