コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オスミウム osmium

翻訳|osmium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オスミウム
osmium

元素記号 Os ,原子番号 76,原子量 190.23。天然の安定同位体には,オスミウム 192 (存在比 41.0%) のほか6核種が知られている。周期表8族,鉄族元素の1つ。 1804年 S.テナントにより発見された。白金の鉱石であるオスミリジウム中に含まれる。単体は青白色の光沢ある金属。融点 2700℃。比重 22.48で,物質中最大の比重をもつ。空気中では安定であるが,粉末は常温でも徐々に酸化される。熱濃硫酸,王水,濃硝酸と反応し溶ける。リン,硫黄の蒸気中で燃焼する。2,3,4,6,8価として多様な化合物をつくり,また錯塩をつくりやすい。イリジウムとの合金ペン先や精密ベアリングに使われ,またアンモニア合成用触媒,有機化合物の水素化触媒として使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

オスミウム

元素記号Os。原子番号76,原子量190.23。融点3045℃,沸点約5012℃。白金属元素の一つ。1804年S.テナントが発見。青灰色の金属。物質中最大の密度をもち,白金属中最もかたい(硬度7.5)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オスミウム【osmium】

周期表元素記号=Os 原子番号=76原子量=190.2安定核種存在比 184Os=0.018%,186Os=1.59%,187Os=1.64%,188Os=13.3%,189Os=16.1%,190Os=26.4%,192Os=41.0%融点=2700℃ 沸点=約5500℃比重=22.57電子配置=[Xe]4f145d66s2おもな酸化数=II,III,IV,VI,VII,VIII周期表第VIII族に属する白金族元素の一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

オスミウム【osmium】

白金族元素の一。元素記号 Os  原子番号76。原子量190.2。青灰色の非常に硬い金属。比重は22.57で元素中イリジウムに次ぐ。融点は摂氏3045度。触媒・耐食性合金・フィラメントの材料。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オスミウム
おすみうむ
osmium

周期表第8族に属し、白金族元素の一つ。1804年イギリスのテナントによって発見された。発見のもととなった酸化オスミウム)OsO4の蒸気が刺激臭を有することから、臭気を意味するギリシア語のosmeにちなんで命名された。白金鉱の中に主としてイリジウムの合金、すなわちイリドスミンとして産出する。融解物から固化させたものは青灰色の結晶で、その比重は物質中最高である。融点も全元素中でタングステンに次いで高い。硬さは水晶と同程度(モース硬度7.0)で、白金族元素中最高であるが、一方、もろくて、砕いて容易に粉末にすることができる。酸化物を還元してつくったものは青黒色微粉末で、比重もいくぶん小さい。一般に熱濃硫酸、濃硝酸には溶けるが、王水には溶けにくい。酸素が共存すれば塩酸にも溶ける。
 酸素と結合する傾向は白金族中でもっとも強く、海綿状のものは空気中に放置しただけで白熱する。塊状のものでも200~400℃で酸化し始める。酸化生成物は酸化オスミウム()である。これはきわめて有毒な気体で、粘膜、肺、目などを刺激し、失明の危険があるから、酸化物そのものはもちろん、金属オスミウムの取扱いにも十分の注意が必要である。この酸化物は有機物で還元され酸化オスミウム()となる。オスミウムは0から+8まで各種の酸化数をとりうるが、+4の化合物がもっとも多く、6配位の錯体が多数知られている。
 用途としては、ルテニウムやロジウムなど他の白金族元素との合金が主要なものである。融点が高く、硬いので電気接点材料に、また耐摩耗性、耐食性があるのでペン先、ピボットなどに使用される。[鳥居泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オスミウムの関連キーワードテナント(Smithson Tennant)フレミング(Walter Fleming)オスミウム(データノート)F.von ウェルスバハ元素発見史(年表)サンドイッチ分子四酸化オスミウムヒドロキシル化高融点金属材料自然ルテニウムウェルスバハイリドスミンフィラメントゴルジ装置ウェーラーアワルア鉱シュルツェルテニウム親鉄元素自然白金

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android