コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オトラル Otrār

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オトラル
Otrār

中央アジア,シルダリア中流域にあった都市。5~15世紀,東西交通の要地として栄えた。 1218年にチンギス・ハンの送った隊商がここで皆殺しにされたことが原因で,チンギス・ハンの中央アジア侵略が起った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

オトラル(Otrar)

中央アジアのシルダリア川下流部、アリス川との合流点近くにある古代のオアシス都市の遺跡。現在のカザフスタン共和国南部の町カラタウの近郊に位置する。10世紀から15世紀頃に交易の要衝として栄えた。13世紀にチンギス=ハンの侵略を受け、15世紀にチムールが遠征の途上で没した地として知られる。オトゥラル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オトラル
おとらる
Otrr

中央アジア、シルダリヤ下流右岸、アリス川との合流点の北東約10キロメートルにあった古代のオアシス都市。現在も廃墟(はいきょ)が残っている。ロシア草原とマーワラー・アンナフル(「両河の地」の意。アムダリヤとシルダリヤの間の地方)を結ぶ要地として10~15世紀ごろ栄えた。1218年チンギス・ハンがホラズム・シャー国に派遣した450人のムスリム(イスラム教徒)商人の隊商が、オトラル太守イナルチュクによってスパイとみなされて虐殺され、その結果モンゴルの西征が引き起こされた。1405年明(みん)朝征服に出発したティームール終焉(しゅうえん)の地としても知られる。[杉山正明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オトラルの関連キーワードアラー・ウッディーン・ムハンマドチャガタイ・ハン(察合台汗)チムール(帖木児)オゴタイ・ハンティームール杉山正明ジュチ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android