コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッシーニ カッシーニ Cassini, Gian Domenico

5件 の用語解説(カッシーニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッシーニ
カッシーニ
Cassini, Gian Domenico

[生]1625.6.8. ジェノバ共和国,ペリナルド
[没]1712.9.14. フランス,パリ
イタリア天文学者。1673年フランスに帰化。フランス語では Jean-Dominique Cassini。子孫は 4代にわたってパリ天文台台長を務めた天文学一家として知られる。1650年ボローニャ大学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

カッシーニ

2004年7月に土星の周回軌道に到達したNASA/ESA共同の探査機。母機のカッシーニは土星の大気・磁気圏と共に土星のリングを徹底して観測している。すでに衛星タイタンにESA製の探測機ホイヘンスを投下した。ホイヘンスは、地球の原始大気に似ているといわれるタイタンの大気中を減速しながら落下し、地表に軟着陸して写真を送ってきた。

(的川泰宣 宇宙航空研究開発機構宇宙教育センター長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)

[1625~1712]イタリアの天文学者。のち、フランスに帰化。木星の自転や土星の衛星を発見、また土星の環の精密測定を行ってカッシーニの空隙(くうげき)を発見した。パリ国立天文台の初代台長。

カッシーニ(Cassini)

NASA(ナサ)(米国航空宇宙局)とESA(イーサ)欧州宇宙機関)の開発した土星探査機。1997年、小型探査機ホイヘンスとともに打ち上げられた。土星軌道到着後、衛星や環の詳細な観測を行い、北極に巨大な渦を発見。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

カッシーニ【Giovanni Domenico Cassini】

1625~1712) イタリア生まれのフランスの天文学者。パリ天文台長。土星の環の空隙および土星の第三・四・五・八衛星を発見。子・孫もフランス天文学界を指導。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カッシーニの関連キーワード土星バイキング計画ボイジャーはごろも周回軌道マーズオブザーバーマーズクライメートオービターマーズリコネサンスオービターMAVENヤルコフスキー効果

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カッシーニの関連情報