カバラ(読み)かばら(英語表記)Kaválla

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カバラ(ギリシア)
かばら
Kavlla

ギリシア北部、マケドニア地方東部のカバラ県の県都。人口6万3293(2001)。エーゲ海北岸のカバラ湾に臨む。北部ギリシアではテッサロニキに次ぐ重要な港湾都市で、タバコの集散地。古代ローマ時代にはネアポリスNeapolisとして知られた都市の後を継ぐもので、14世紀後半よりオスマン・トルコ帝国の支配下に入り、1813年スルタンより同市出身のエジプト太守ムハンマド・アリーに授封された。バルカン戦争中ブルガリアに占領され、1913年にギリシア領に回復。古いイスラム教徒地区やビザンティンの城郭が残る。[真下とも子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カバラの関連情報