コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カメ(亀) カメ

百科事典マイペディアの解説

カメ(亀)【カメ】

爬虫(はちゅう)綱カメ目の総称。南極を除く各大陸および海洋に分布。皮膚の変化した骨質板と内骨格とが結合して背甲と腹甲を形成するのが特徴。四肢は発達し,ウミガメでは櫂(かい)状となる。
→関連項目爬虫類

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カメ【カメ(亀)】

特殊な構造の甲をもつカメ目Testudinesに含まれる爬虫類の総称。カメ類は爬虫類仲間では形態,生態ともにユニークな存在で,一般にもなじみが深く,多くの種類が公園の池や家庭で飼育されている。体のつくりは,カメの祖先型の三畳紀中~後期に生息していたプロガノケリス類Proganochelys(サンジョウキガメ)から現在に至るまで,ほとんど変化が見られない。大半が水陸両生で一部が陸生および海生。大部分は甲長15~30cmくらいの小型で,約230種が極地を除く各大陸の熱帯,亜熱帯,温帯に広く分布する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカメ(亀)の言及

【くちばし(嘴)】より

…親鳥のくちばしの色や模様が雛の開口のリリーサーになり,また開いたときのくちばしの形や内面の色などが親鳥の給餌行動のリリーサーになっている場合が多い。 爬虫類では,スッポンやオサガメなど体表に角質をもたない種を除くカメ類がくちばしを備えている。カメの顎骨は鳥のように細長く突出せず,キネシスをもつものでもないが,歯をまったく備えず,代りに縁のとがった1枚の角質に覆われている点で鳥と共通している。…

【甲】より

… 両生類と鳥類には甲といえるものはない。爬虫類で甲をもつものはカメ類だけである。現存の大多数のカメの体はハコフグと似て,首,尾,四肢の出るところのほかはほとんど外骨格のがんじょうな箱で覆われ,それがさらに角質の鱗板に包まれている。…

【妙見】より

…なお,現在も妙見社の多く分布する相馬地方では,勝善神と習合して牛馬の守護神となっており,熊本県八代市の妙見宮には中国より漂着したという伝説が伝わり,熊本県下の妙見社は水神的要素が強い。妙見社をまつる地域でカメを飼わないとされているのは,四神のうち北方守護神が,カメとヘビの合体した玄武であることによる。北極星【中尾 尭】【佐野 賢治】。…

※「カメ(亀)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カメ(亀)の関連キーワード同音語のアクセント亀卜