コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリエス カリエスcaries

翻訳|caries

6件 の用語解説(カリエスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリエス
カリエス
caries

主として慢性の炎症が原因となって,骨や歯牙などが壊疽に陥った状態をいう。以前は結核が原因になって脊椎,骨盤,肋骨などに病変の起ることが多かったが,最近はほとんどみられない。歯のう蝕 (俗にいう虫歯) の場合も,これは歯牙硬組織に生じたカリエスであり,欧米ではデンタル・カリエス dental cariesといわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カリエス(〈ドイツ〉Karies)

骨が壊疽(えそ)を起こして崩壊していく疾患。結核菌による脊椎カリエスが代表的。骨瘍(こつよう)。骨疽(こっそ)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

カリエス

〈骨が腐る〉という意味で,乾酪性壊死(えし)による骨質の崩壊現象をいう。原因は結核における二次感染によるものが大部分なので,今日ではカリエスは骨結核と同義に解されている。
→関連項目鳩胸深田久弥

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

カリエス【Karies】

〔腐朽の意〕
肺結核に起因する二次的な結核の症状。脊椎・骨盤・肋骨などの骨が壊死、融解する病気。骨結核。骨瘍こつよう。骨潰瘍こつかいよう。骨疽こつそ
歯学で、虫歯をいう語。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリエス
かりえす
caries

骨結核などの慢性疾患のため骨が栄養障害をおこして壊疽(えそ)に陥ったものをいい、骨瘍(こつよう)ともいう。俗には脊椎(せきつい)カリエスをさす。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカリエスの言及

【脊椎カリエス】より

…脊椎における結核性病変をいう。カリエスとは〈骨が腐る〉という意味で,結核性という意味は含まれていないが,〈骨を腐らせる〉のは結核が最も多いところから,骨関節結核を一般にカリエスという。脊椎カリエスは,骨関節結核の一つで,その半数以上を占め頻度は最大である。…

※「カリエス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カリエスの関連情報