コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリエス カリエス caries

翻訳|caries

6件 の用語解説(カリエスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリエス
カリエス
caries

主として慢性の炎症が原因となって,骨や歯牙などが壊疽に陥った状態をいう。以前は結核が原因になって脊椎,骨盤,肋骨などに病変の起ることが多かったが,最近はほとんどみられない。歯のう蝕 (俗にいう虫歯) の場合も,これは歯牙硬組織に生じたカリエスであり,欧米ではデンタル・カリエス dental cariesといわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カリエス(〈ドイツ〉Karies)

骨が壊疽(えそ)を起こして崩壊していく疾患。結核菌による脊椎カリエスが代表的。骨瘍(こつよう)。骨疽(こっそ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カリエス

〈骨が腐る〉という意味で,乾酪性壊死(えし)による骨質の崩壊現象をいう。原因は結核における二次感染によるものが大部分なので,今日ではカリエスは骨結核と同義に解されている。
→関連項目鳩胸深田久弥

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

カリエス

 →う(齲)蝕

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

カリエス【Karies】

〔腐朽の意〕
肺結核に起因する二次的な結核の症状。脊椎・骨盤・肋骨などの骨が壊死、融解する病気。骨結核。骨瘍こつよう。骨潰瘍こつかいよう。骨疽こつそ
歯学で、虫歯をいう語。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリエス
かりえす
caries

骨結核などの慢性疾患のため骨が栄養障害をおこして壊疽(えそ)に陥ったものをいい、骨瘍(こつよう)ともいう。俗には脊椎(せきつい)カリエスをさす。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカリエスの言及

【脊椎カリエス】より

…脊椎における結核性病変をいう。カリエスとは〈骨が腐る〉という意味で,結核性という意味は含まれていないが,〈骨を腐らせる〉のは結核が最も多いところから,骨関節結核を一般にカリエスという。脊椎カリエスは,骨関節結核の一つで,その半数以上を占め頻度は最大である。…

※「カリエス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カリエスの関連キーワードバイオ綸旨すがらないかファイン腐朽文章は経国の大業不朽の盛事サプロコナイト褐変腐朽菌

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カリエスの関連情報