コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワウ Phalacrocorax carbo; great cormorant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カワウ
Phalacrocorax carbo; great cormorant

カツオドリ目科。全長 80~100cm。頭上から,胸,腹,尾は黒く,背と暗褐色。眼の先や下,の基部は黄色の皮膚が裸出し,その周囲の羽毛白色繁殖期には頭と上頸に白色の生殖羽(→羽衣)が多数生じ,腿部に大きな白斑が現れる。分布はユーラシア大陸のヨーロッパから東アジアにかけての南部,オーストラリア北アメリカ東部,グリーンランド西部,アフリカ北部など広い。湖沼や河川,沿岸海域などで生活し,潜水しておもに魚類をとる。集団繁殖し,日本ではおもに樹上に巣をつくるが,地面の上につくる地域もある。繁殖期は生息地により異なり,アフリカでは周年にわたって繁殖する。日本では生息数が 1960~70年代に 3000羽ほどに減少し,集団営巣地も青森県東京都台東区上野不忍池,愛知県知多半島鵜の山(国の天然記念物),大分県など数ヵ所に存在するのみであったが,1980年代頃から増加に転じ,各地で内水面漁業などに被害をもたらしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カワウ

全長80センチほど。岐阜市の伝統行事「長良川飼(うかい)」などで使われる鵜は別種類の「ウミウ」で、見た目はほとんど変わらない。1970年代に絶滅が危惧されるほど生息数が減ったが、80年代以降、急速に数を増やし、全国各地で漁業などへの被害が問題化している。

(2017-05-24 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

カワウ

ウ科の鳥。翼長33cm。全身黒色。繁殖期には頭部に白い羽毛が生ずる。ユーラシア,アフリカ,オセアニア,北米まで広く分布。日本では本州と九州で繁殖し,四国では冬に見られる。
→関連項目ウ(鵜)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カワウ
かわう / 河鵜
common cormorant
[学]Phalacrocorax carbo

鳥綱ペリカン目ウ科の鳥。全身黒褐色、全長91センチメートル、翼開長1.5メートルに達する大形の海鳥で、潜水して魚類をとらえる。北大西洋、オセアニアの亜種は沿海性で、ユーラシア温帯域のものは内陸湖沼、内湾性である。日本では内湾埋立てによって近年急速に数が減った。[長谷川博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカワウの言及

【ウ(鵜)】より

…日本には4種が繁殖する。カワウP.carbo(イラスト)は世界に広く分布し,かつては日本でも大きな内湾,湖沼で数多く繁殖していたが,開発によってすみ場所を奪われ近年著しく減少した。ウミウP.capillatus(イラスト)は日本近海の特産で,鵜飼いに使われる。…

※「カワウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カワウの関連キーワードポルト湾:ピアナのカランケ、ジロラッタ湾、スカンドラ保護区アイリッシュ・ソフトコーテッド・ウィートン・テリアミズジャコウネコ(水麝香猫)スレバルナ自然保護区美浜(町)(愛知県)シーリハム・テリアヴェッターフーンオッターハウンドノドブチカワウソツメナシカワウソシアンのいち動物公園ニホンカワウソコツメカワウソポタモガーレオオカワウソしんじょう君カツオドリ尻尾の釣りなーしくん

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カワウの関連情報