コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンディンスキー カンディンスキー Kandinsky, Wassily

6件 の用語解説(カンディンスキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンディンスキー
カンディンスキー
Kandinsky, Wassily

[生]1866.12.4. モスクワ
[没]1944.12.13. ヌイイシュルセーヌ
ロシア出身の画家。抽象絵画の創始者として著名。モスクワの大学で経済学と法律を修めたのち 1896年ミュンヘンの画塾に学び,そこでヤウレンスキーを知る。 1900年アカデミーに入学。印象派の色彩と,アール・ヌーボーフォルムを研究した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カンディンスキー(Wassily Kandinsky)

[1866~1944]ロシア生まれの画家。表現主義を経て抽象絵画の創始者の一人となる。モスクワやワイマールバウハウスで教鞭(きょうべん)を執り、晩年はフランスに帰化。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カンディンスキー

ロシアに生まれ,主にドイツで活動した画家。抽象絵画の創始者の一人。30歳の時にモスクワからミュンヘンに出,印象主義フォービスムの影響を受けたが,1910年前後から抽象絵画を試み,翌年マルクブラウエ・ライターを結成。
→関連項目アプストラクシヨン・クレアシヨンエルニガボグッゲンハイム美術館セゾン現代美術館バイヤー長谷川三郎ビル宮城県美術館ミュンヘン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カンディンスキー【Wassily Kandinsky】

1866‐1944
おもにドイツで活動したロシア出身の画家。モスクワに生まれ,法学,経済学を修めたのち,30歳の時に画業を志してミュンヘンへ出る。1909年に〈ミュンヘン新芸術家協会〉の設立に加わってその代表者となり,前衛美術を推し進めた。また11年にはドイツ表現主義を代表するグループのひとつ〈ブラウエ・ライター(青騎士)〉を創設。第1次大戦勃発によってロシアへ戻り,18‐21年は革命政府の芸術政策に協力。21年ドイツへ戻り,翌年から33年まで,ワイマール,デッサウベルリンでのバウハウスの教授を務める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カンディンスキー【Vasilii Vasil'evich Kandinskii】

1866~1944) ロシア生まれの画家・芸術理論家。主としてドイツで制作。形態から離れた、色と形の感情的意味に基づく純粋な抽象画の先駆者。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンディンスキー
かんでぃんすきー
Wassily Kandinsky
(1866―1944)

ロシア生まれのフランスの画家。叙情的抽象絵画の始祖というべき存在。12月5日モスクワの富裕な家庭に生まれ、最初は法律と政治学を学ぶ。1889年ボロゴダ州に農村調査に出かけたときロシアの民族美術に感銘を受け、95年にはフランス印象派展のモネに啓示を受ける。翌年ドルパト大学(エストニア)の法学教授の席を提供されたが、絵画に専心することを決意し、ミュンヘンに出て絵画を学ぶ。1900年アカデミアフランツ・フォン・シュトウックに就く。01年芸術家集団「ファランクス(方陣)」を創立、その展覧会に出品。オランダイタリアチュニジアなどを旅行後、06年セーブルに約1年住む。帰国後、ヤウレンスキー、クービンらとともに新芸術家協会を創立。このころの作品はもっぱら自然に即して描かれてはいたが、しかし、自然の与える情感を「心によって」描くこと、筆触と色彩を強調する主観的傾向を強める。
 彼が「抽象」に接近するのは、1908年、ガブリエル・ミュンターとともにミュルナウに住んでいたときである。ある夕方、アトリエに帰った彼は、壁面の一点の作品が「内的な輝き」に満ち、何が描いてあるかはわからないが、形と色だけで画(え)が成立していると感ずる。それは、彼の画が逆さにかかっていたものとすぐに気がつくが、以来、彼は対象が不必要だと悟り、色彩に表現のすべてを託し始める。『鐘塔のある風景』(1909・パリ国立近代美術館)などでは、ほとんど対象は原形をとどめていない。ついで10年『即興曲』あるいは『コンポジシォン』の水彩連作で、最初の純粋な叙情的抽象が成立する。油彩抽象の成立は11年。この前後、彼は新しい絵画についての理念を執筆していたが、これが『芸術における精神的なもの』としてミュンヘンで出版(1912)される。
 またフランツ・マルクと出会い、新芸術家協会を脱退して、マルクとともに「青騎士」を創立するのも11年である。これは本来「年鑑」の出版を目的とした編集部で、12年5月に年鑑は出版されたが、それ以前、11年および12年の2回にわたって展覧会が組織され、ドレスデンの「橋」派に続くドイツ表現主義ののろしとなる。12年「嵐(デア・シュトルム)」画廊(ベルリン)で個展開催。しかし、第一次世界大戦によって表現主義運動も一時期後退となり、カンディンスキーもロシアに帰った。
 大革命時には、芸術委員、アカデミーの教授など種々の活動に携わるが、1921年、芸術科学アカデミーの創設に携わったあと、同年末、故国を離れ、ワイマールのバウハウス教授となる。このころから、従来の流動的な筆触、形態にかわって、「象徴」「記号」としての確定的な形態を駆使した「叙情的幾何学主義」の様式が始まる。26年『点・線・面』の刊行。バウハウスとともにデッサウ、ベルリンに移り、33年のバウハウス閉鎖後、パリ郊外のヌーイ・シュル・セーヌに移住。39年にはフランスに帰化した。作風も、微細な有機的形態、奇妙な象形文字風の形を構成する最後の様式を展開させた。44年12月13日没。彼の作品とその新しさが完全な評価を得たのは第二次大戦後であった。[中山公男]
『西田秀穂他訳『カンディンスキー著作集』全4巻(1979・美術出版社) ▽H・K・レーテル、J・K・ベンジャミン編、西田秀穂他訳『カンディンスキー 全油彩総目録』全2冊(1987、89・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカンディンスキーの言及

【アバンギャルド】より

…アバンギャルドとは,一般にはこの前衛芸術のことをいう。 その源流はランボー,ロートレアモン,ネルバルら,社会から疎外される不幸を現実から自由な想像力の起点に転じた,19世紀の〈呪われた詩人たち〉で,ベル・エポックに文明の終末と人類の黙示録的解放をうたったアポリネールや,精神生活の二等辺三角形のうち,孤独な頂点にいる芸術家は〈精神の内的必然性〉に従えば,底辺にいる大衆の未来の生活感情を先取りできると説いたカンディンスキーの著書《芸術における精神的なもの》(1912)をはじめ,20世紀初頭のフォービスム,キュビスム,表現主義,未来主義,シュプレマティズム,構成主義などの芸術運動には,この概念がすでに潜在していたといえる。だが,第1次大戦中におこったダダは,嫌悪と自発性を原理として,芸術のタブラ・ラサ(白紙状態)への還元を求め,あらゆる物体や行為も芸術作品たりうることを立証した点で,カンディンスキーの精神の三角形を逆立ちさせた観がある。…

【グローマン】より

…1907年にドレスデンで,当時結成されてまもない表現主義グループ〈ブリュッケ(橋)〉の展覧会を組織したのをはじめ,以後作家との交友に基づく数多くのすぐれた研究や評論を発表し,現代ドイツ美術の声価を国際的に高めるうえでも大きな功績を残した。著作としては,友人でもあったクレーとカンディンスキーの大部のモノグラフ(それぞれ1954,1958)がよく知られ,その他戦後ヨーロッパ美術を総観した《現代の美術》(1966)などもある。【千足 伸行】。…

【表現主義】より

…ムンクの《叫び》(1893)は表現主義芸術の先駆的かつ象徴的な作品であり,それを含む〈生命のフリーズ〉連作は1902年のベルリン展で多大の反響を呼び,世紀末芸術の装飾性を打ち破る表現主義美術運動に大きな刺激を与えた。運動の担い手となったのは,05年にドレスデンで結成されたキルヒナーらの〈ブリュッケ(橋)〉派と11年にミュンヘン新芸術家協会から分離したカンディンスキー,マルクらの〈ブラウエ・ライター(青騎士)〉派である。〈ブリュッケ〉派は無垢な自然を対象に赤裸な生命の表現を志し,その源泉を中世の古版画と民俗博物館の未開人彫刻や仮面に求め,フランスのフォービスムと類似の野性的な様式を発展させた。…

【ブラウエ・ライター】より

カンディンスキーとマルクFranz Marc(1880‐1916)により編集され,1912年にミュンヘンで創刊された年刊誌。〈ブラウエ・ライター〉とはまた,同誌に参加した芸術家グループの名称で,彼らの運動は,先立つ〈ブリュッケ〉グループとともに,表現主義の一翼をになった。…

※「カンディンスキー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カンディンスキーの関連キーワードパルブスパルミジャニーノフタロシアニン染料ヤウレンスキー露仏同盟ドイツ鯉ラリオーノフコリア, チックユン銅フタロシアニン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カンディンスキーの関連情報