カンラン(寒蘭)(読み)かんらん

日本大百科全書(ニッポニカ)「カンラン(寒蘭)」の解説

カンラン(寒蘭)
かんらん / 寒蘭
[学] Cymbidium kanran Makino

ラン科(APG分類:ラン科)の多年草。東洋ランの1種。は細長く50センチメートル、濃緑色で表面は光沢があり革質。線状葉は直上し、先端はしなやかに屈曲する。花茎は11月から翌年の1月ころ、葉間から束生し40~50センチメートルとなり、5~12個の花を総状につける。花は芳香があり、花径5~6センチメートルで赤褐色の条(じょうはん)がある。細くとがった外弁は開出し、内弁は突き出る。舌弁は3裂し、前裂片は下方より後方に反り返る。本州の中部地方南部から沖縄に自生するが、少なくなっている。園芸品種としては、舌弁に砂状の斑点が散在する月光や、白色で覆輪の雪光(せっこう)、平重(ひらがさね)などのほか、南国(なんごく)、折鶴(おりづる)などもある。植え替えは4、5月か10月ころにする。

[猪股正夫 2019年5月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「カンラン(寒蘭)」の解説

カンラン(寒蘭)
カンラン
Cymbidium kanran

ラン科シュンラン属の地生ランで紀伊半島,九州,四国などの樹林下に自生する。シュンランなどとともに東洋ランの仲間として扱われ,気品のある草姿から愛好者が多い。線状の葉は根出し,弧を描くようにしなる。 50cm前後の花茎に5~10花を咲かせ,花被片は細く先端がとがるのが特徴。花色は淡緑色,黄緑色,桃色,紫紅色などで,筋や斑 (ふ) の入り方が異なるさまざまな種類がある。品種数は数千に及ぶが,野生では採取されつくして,絶滅に近い状況にある。開花期は 10月~1月。冬は寒風を避けて日にあて,夏は直射日光があたらない半日陰がよい。四季を通じてやや乾燥ぎみに管理し,肥料焼けを起こしやすいため,施肥はかなり控えめにする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「カンラン(寒蘭)」の解説

カンラン【カンラン(寒蘭) Cymbidium kanran Makino】

昔より東洋ランの1種として栽培されているやや大型の地生ラン(イラスト)。シュンラン同属だが,花茎に花が多数つく。小型の偽球茎があり,その上に葉を3~6枚,叢生(そうせい)する。葉は線形常緑。花茎は偽球茎の基部より生し,高さ30~60cm。12~1月に,3~十数花を疎につける。花は芳香があり,紫色を帯びた緑色,径約6cm。萼片は開出し,線状披針形,長さ約3~4cm。花弁はやや短く,線状披針形,長さ2~3cm。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカンラン(寒蘭)の言及

【ラン(蘭)】より

…【井上 健】
【洋ランと東洋ラン】
 日本の園芸界では,ラン科植物を東洋ラン,洋ラン,和ランなどに分けて取り扱っているが,これは植物学上での分類ではない。 日本や中国に原産し,古くから栽培されていたカンランやシュンランは東洋ランと呼ばれる。それに対して洋ランはおもに明治以後,欧米を通じて日本に導入された花の観賞価値の高いラン科植物を指し,それらの中にはフィリピン,タイなどの東洋原産のラン科植物も含まれる。…

※「カンラン(寒蘭)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android