コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーテン カーテン curtain

翻訳|curtain

7件 の用語解説(カーテンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーテン
カーテン
curtain

目隠し,防寒,防暑,防音,間仕切りなどの目的で室内に掛ける幕。カーテンの使用は古くからみられたが,近代建築ガラスの活用とともに急速に普及した。現在では,実用以外にも,室内装飾として活用されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カーテン(curtain)

窓を覆ったり、室内・屋内の空間を仕切ったりするためにつるす布。窓掛け。
舞台の幕。
お互いの交流・交通を遮る物。「鉄のカーテン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

カーテン

英国の作家アガサ・クリスティミステリー(1975)。原題《Curtain》。懐かしのスタイルズ荘で再会したポアロヘイスティングズは究極の犯罪者と対決する。名探偵エルキュール・ポアロの最後の事件。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カーテン【curtain】

日光のとり入れの調節や遮へい,保温,断熱,室内の間仕切りおよび装飾などを目的とした幕類のこと。カーテンの起源は古代エジプト時代にまでさかのぼる。テーベの古代エジプト貴族の邸宅には,部屋の出入口に葦やパピルス製のスクリーンがつるされたが,これは間仕切り用であった。また,6世紀初期イタリアラベンナに建立されたサン・タポリナーレ寺院の壁面モザイクには,バシリカ形式の宮殿の正面にカーテンレールにランナーでつるした豪華なオリエント調のカーテンが描かれているが,これも間仕切り用とみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カーテン【curtain】

光・音などをさえぎったり、部屋を仕切ったりするために、窓や室内につるす布。装飾のためにも用いられる。
交流・交渉などをさえぎるもののたとえ。 「鉄の-」
劇場で舞台と客席との間を隔てる布。幕。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

カーテン【curtain】

窓をおおうために掛ける布。目隠し、遮光、室内の温度を快適に保つなどの機能を持ち、室内装飾も兼ねる。部屋の間仕切りとして用いるものもあり、また、舞台の幕をいうこともある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーテン
かーてん
curtain

窓や出入口を覆い、部屋の間仕切りとして吊(つ)るす幕類。日光の調節、目隠し、防暑、保温、防音などの目的に使うが、ガラスや壁の硬い感じを和らげ、色彩を豊かにするなど、室内装飾品として果たす役割も大きい。洋風生活の普及に伴い重要な室内要素の一つになってきた。日本の古い住まいのなかで使われていた帳(とばり)や帷子(かたびら)、および御簾(みす)と併用した布帛(ふはく)などはこれにあたる。窓にガラスが使われる以前は、住まいを囲むためのカーテンは不可欠のものであった。[加藤 力]

種類

目的と材料によって、(1)暗幕、(2)厚地カーテン、(3)薄地カーテン、(4)レースおよびケースメントcasementに分けられる。暗幕は遮光のみを目的とし、暗室などに用いる。厚地カーテンを普通ドレープdrapeという。糸質が太く、織目の密度も大きいので、遮蔽(しゃへい)、保温、間仕切りに適する。レースカーテンと二重にして吊るすことが多い。薄地カーテンはプリント物、クレトン地、無地の変わり織などで、光の調節に広く用いられる。レースは薄い透視性のある織物である。ケースメント(粗目(あらめ)地カーテン)はレースを厚手にしたもので、北欧の風土のなかから生まれた。いずれも軽快で外光を和らげ、室内側からは見通せるが、外部からは見えない利点をもつため四季を通じて使われる。材料には麻と綿の混紡のほか合成繊維が使われる。[加藤 力]

機能

カーテンを適当に利用すると、部屋の冷暖房の負荷が10~15%程度減少する。そのため最近では省エネルギーの面からも注目されるようになった。また騒音を吸収し、反射音を少なくする効果もあって、コンクリートの室内を感覚的に和らげる効用についてもカーテンの有用性が見直されてきている。なお、消防法の改正に伴い、高層ビルやホテルなどの特定の建物での防炎カーテン(不燃繊維や難燃繊維に加工して防炎基準に合格し、認定のラベルが貼(は)られたもの)の使用が義務づけられている。[加藤 力]

形式

一般的な形は、いちばん外側に日よけと目隠しのためのブラインドなどを取り付け、次にレースなどの薄地のカーテンを吊り、内側に厚地のカーテンを吊る。開き方には、片開き、両開き、中央部で交差させて二重にするものなどがある。上部にバランスとよぶ飾りをつけて吊り元を隠し、裾(すそ)には房やフリルをつけるのがヨーロッパ風の伝統的な形式であるが、最近ではインテリアの単純化にあわせて飾りを省略する場合が多い。
 カーテンの美しさは、柄(がら)や色、吊り方のほかに、ひだの取り方によって左右されるところが大きい。ひだの形には、片ひだ、つまみひだ、箱ひだ、二重箱ひだ、ギャザーなどがある。[加藤 力]

取り付け方

窓枠や天井に直接取り付ける方法と、カーテンボックスをつくり、その中に収める方法とがある。カーテンを吊るには金属の丸パイプや木の棒が使われていたが、今日ではカーテンレールがそれにかわった。カーテンレールには種々の構造のものがあり、いずれもランナーで軽く開閉できるようになっている。[加藤 力]

布の寸法

幅は窓幅の1.5~3.0倍が必要である。普通は2倍程度である。長さは窓高より15~45センチメートル程度長めにする。裾の折返しは10センチメートル程度、床までのあきは3~5センチメートルがよい。[加藤 力]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカーテンの言及

【幕】より

…物を隔てるため,あるいは装飾のためなどに用いられる,横または縦に広く長く縫い合わせた布をいう。ことに演劇上演の場において,舞台のどこか(多くは舞台の前面)につるされた布を指していい,英語ではcurtainとよばれる。また演劇用語では,戯曲の一定の構成単位(英語ではact)も,同じ〈幕〉という言葉でよばれており,このような用語が定着したのは,多くの場合にこの構成単位ごとに,実際の幕が引かれるという事実によっている。…

※「カーテン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カーテンの関連キーワード取入れ刈り入れ・刈入れ・苅り入れ・苅入れ取り入れ・取入れ取り入れ口・取入れ口明り取り取入れ口取入れる転写後調節磁気遮へい静電遮へい

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カーテンの関連情報