カーライル(Thomas Carlyle)(読み)かーらいる(英語表記)Thomas Carlyle

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーライル(Thomas Carlyle)
かーらいる
Thomas Carlyle
(1795―1881)

イギリスの評論家、歴史家。12月4日スコットランド、ダンフリーズシャの石工の息子として生まれる。母から読み書きを、父から算数を学んだのち村の小学校に入学したが、7歳にして完全な英語を身につけラテン語を学び始めたという。激しい気性のためしばしば問題を起こしたが、幼くして豊かな学才を示した彼は、1809年14歳のときエジンバラ大学に入学した。初めギリシア語とラテン語を学んだが、やがて彼の関心は数学に向かい、「偉大なるニュートンの足跡をたどることに誇りを感じ」るようになったとは、未完自伝小説『ウォットン・ラインフレッド』の主人公が述懐するところである。大学卒業後、しばらく学校の教師などをしながらしだいに文学を志すに至るが、『ロンドン・マガジン』に連載した『シラー伝』(1825)が出版されるに及んで、ドイツ・ロマン派の紹介者としての地歩が確立した。1826年スコットランドの女性ジェーン・ウェルシュJane Baillie Welsh(1801―1866)と結婚、たまたまこの女性が優れた書簡の書き手であったことから、この二人の恋文はのちに『T・カーライルとジェーン・ウェルシュの恋愛書簡』2巻(1909)となって残された。

 1834年カーライル夫妻はロンドンのチェルシー地区に居を構え、カーライルはチェルシーの哲人とよばれて、この時代のイギリス思想界に指導的な役割を果たした。それより先『フレイザーズ・マガジン』に連載(1833~1834)した『衣装哲学』によって、ゲーテジャン・パウルなどの影響の濃いロマン主義的宗教観、芸術観が確立したとみられる。これとほぼ並行して執筆中の『フランス革命史』の第1巻の原稿がJ・S・ミルの不注意から焼失した挿話は有名であるが、一方では歴史研究のうちに英雄の存在理由を探り(『英雄および英雄崇拝』1841)、他方、当代の政治や社会状態に深い関心を示した(『チャーティズム』1839、『当世評論』1850など)発言は、今日からみれば明らかにその時代の思潮を脱しきれぬもので、声高の文体や大げさな身ぶりは保守反動の危険な思想家の印象を強くするが、物質主義、功利主義に反対し、魂と意志の力を重んじた彼の人生観、世界観は、当時にあっては警世の力を発揮した。1866年ジェーンの死とともに彼の気力もにわかに衰え、『回想録』(1881)が最後の仕事となった。

[前川祐一 2015年7月21日]

『入江勇起男他訳『カーライル選集』全6巻(1962、1963・日本教文社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android