コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キキョウ(桔梗) キキョウPlatycodon grandiflorum; balloonflower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キキョウ(桔梗)
キキョウ
Platycodon grandiflorum; balloonflower

キキョウ科の多年草日当りのよい山野に広く自生し,東アジア温帯に分布する。観賞用に栽培され,また切り花にも用いられる。茎は直立し高さ 40~100cm,葉は互生し長卵形で縁に細かい鋸歯がある。夏から秋にかけ,上部葉腋紫色の美しい花をつける。花冠は開いた鐘形で5裂,白色のものや二重咲きのものもある。根を乾燥したものが生薬の桔梗根で,痰を除くのに用いる。古くから秋の七草に数えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

キキョウ(桔梗)【キキョウ】

日本全土,東アジアの日当りのよい山野の草地にはえるキキョウ科の多年草。茎は直立し高さ0.5〜1m,折ると白汁が出る。葉は狭卵形で裏は白っぽい。夏〜秋,茎頂近くに,鐘状で先の5裂した径3〜5cmの花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キキョウ【キキョウ(桔梗) Japanese bellflower】

オミナエシなどとともに秋の山野草を代表する草花(イラスト)。キキョウ科の多年草で,山の乾いた草地にふつうに生える。山上憶良の詠んだ秋の七草の中の〈朝貌(あさがお)の花〉はキキョウであるといわれている。 垂直にのびる太い根がある。茎は高さ20~100cm。葉は互生または対生し,ときに3枚が輪生,長卵形で柄はなく,裏面は白色をおび,ふちに細かい鋸歯がある。花は茎頂に単生するかまたは数個が総状につき,8月から9月にかけて横向きの大きな花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のキキョウ(桔梗)の言及

【トラジ】より

…朝鮮民謡の曲名。トラジは朝鮮語でキキョウ(桔梗)の花を意味する。朝鮮半島では北部の山野に比較的多く自生する多年草で,初秋に幅ひろい白の花びらをもった花が咲く。…

※「キキョウ(桔梗)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キキョウ(桔梗)の関連キーワードキキョウラン(桔梗蘭)オミナエシ秋の七草トラジ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android